記事提供:まぐまぐニュース!

今年の冬は暖冬といわれていましたが、ここ最近になって急に寒さが厳しくなりました。

メルマガ『鍼灸師・のぶ先生の「カラダ暦♪」』では、この寒い冬を乗り切るために注意したいことについて教えてくださっています。突然あらわれる指先のシワシワ、この正体についても紹介していますよ。

「大寒」のころ

暖冬といわれる今シーズンの冬は、ご近所の梅がすでに咲ほころんでいるのを眺めると、やはり例年より温かいと実感します。

日中の気温の上昇と朝夕の冷え込みの寒暖の差は、カラダに負担となり風邪の原因ともなります。大事なのは適切な体温調整。まずは寒がらないことが大切です。

指先のシワシワ・チェック

カラダを滋養してうるおい成分をたくわえることができなくなると、カラダの末端からシワシワと「しわ」ができます。

湯上りに指先の腹がシワシワになりますが、あのようなしわが日中にもあらわれます

【指先のシワシワは疲労困憊のサイン】

カラダを滋養する「潤滑油」のはたらきは、

・脳の働きを円滑にする
・関節をなめらかに動かす
・歯を丈夫にする
・髪の毛を黒くツヤツヤにする
・肌に張りをもたせる
・風邪からカラダを守る

などが役割です。

顔や目じりのしわ、指先や手の甲のしわは、年齢と共に徐々にきざまれていきますが、突然にわかに出現する指先のシワシワは、寝不足や疲労、長引く風邪や慢性疾患などでみられます。

【カラダの「潤滑油」を取り戻す】

つねに負担を感じるカラダは、リラックスすることが大切です。たくさんの睡眠時間が必要ですが、慢性的疲労のカラダはつねに萎縮してちぢこまっています。

このため、ただカラダを横にして休んでいても、こわばり続けるカラダでは質の良い回復がのぞめません。

慢性的なカラダの萎縮をゆるめることが「潤滑油」を取り戻す必須条件です。

【潤滑油を取り戻すポイントは深呼吸】

深い呼吸をうながすことができると、カラダは緊張を続けることが出来なくなります。また深い呼吸は副交感神経を刺激して、内臓のはたらきを高めて回復力をたかめます。

・ストレッチやヨガ
・瞑想や座禅
・森林浴やハイキング
・お灸やマッサージ

手軽なのはお風呂にゆっくりつかること。ただ寒いだけでもカラダには負担になります。毎日しっかりカラダを温めながら深い呼吸をうながせる入浴の習慣は、とても効果的です。

ゆずやミカンの皮を入れたり、アロマテラピーのお気に入りの香りをバスタイムに楽しむのもよいですね。

冬の暦はまもなく終わりを迎えますが、まだまだ寒さはつづきます。カラダの疲労をすこしでも効率よく抜きながら、カラダの潤いを取り戻しましょう。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス