民主党が今年夏の参院選に向け作製したポスターのうち1枚が話題になっています。その内容は「民主党は嫌いだけど、民主主義は守りたい」とアピールしたもの。実は、これが前田敦子さんがAKB総選挙で述べた「前田敦子は嫌いになってもAKBは嫌いにならないで」に似てるとも話題に…

民主党の支持率が低迷している現状を踏まえて作られたポスターだと思いますが、この気持ちは国民に届くのでしょうか?

民主党の新しいポスター

出典 https://twitter.com

国民の反応をツイッターで見てみると…

そうですよね。

あっ、確かにどこかで聞いたフレーズですね。

民主党は嫌いだけど、民主主義は守りたい

私のことは嫌いでも、
AKBのことは嫌いにならないでください

第3回選抜総選挙で1位返り咲きを果たした際には、あいさつで「私のことが嫌いな方もいると思います。ひとつだけお願いがあります。私のことは嫌いでも、AKBのことは嫌いにならないでください。」と涙ながらに発言した

出典 https://ja.wikipedia.org

民主党より、こっちの方が話題になってたりして…

インパクトあるフレーズばかりで中身が…

同感って方も多そうですが、どうでしょうか?

確かに嫌いな党は支持しませんよね。

この声もけっこう多いようですよ。

好き嫌いの問題ではなく、能力の問題。
確かに民主党が政権ととった時は呆れる状態でした…

本当にそうですね!甘利さんの疑惑追及でなく、この国に今何が大事なのかに目を向けて欲しいものです。

何事も同じだと思いますが、一度失った信用を回復するのは大変だと思います。今の民主党はその失った信用を回復するような行動を日々で来ているのかが問われるのではないでしょうか。
好き嫌いの問題ではなく、民主党が日本にとって本当に必要な存在なら国民から必然として選ばれるはずですが、ツイッターの声を見てる限りでは、まだまだ難しそうな感じがしますし、前田敦子さんの話題に流れてしまうようでは厳しいと言えるでしょう。

この記事を書いたユーザー

タビザラシ このユーザーの他の記事を見る

旅と食べ歩き好き。珍しいもの、新製品、ヘンテコな雑貨に興味津々。お洒落やファッション系は苦手。spotlightプラチナ公式ライター

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス