先日、「アナザースカイ」に出演したモデルの佐藤栞里

佐藤栞里のアナザースカイは、ハワイ/ホノルル。
 
佐藤栞里初めてのハワイは2001年11歳の時の家族旅行だった。以来、15年の間に14回も訪れた気心の知れた場所。2013年、23歳の時雑誌の撮影でも訪れた。

出典 http://www.ntv.co.jp

1月22日放送の『アナザースカイ』に登場した人気モデル・佐藤栞里さん。幼い頃から通っている思い出の地・ハワイを訪れました。思い出のスポットを巡ったり、“天国の海”と呼ばれている美しい浅瀬の絶景などを楽しんでいました。

いつもニコニコしていて順風満帆のように見えますが、実はすごくツライ思いをした時期があったことも明かされました。

ブレイクまでの道のりは決して楽なものではなかった

「1億人の大質問!?笑ってコラえて!」(日本テレビ系、毎週水曜よる7時56分)のコーナー「朝までハシゴの旅!」で、居酒屋でサラリーマンと気さくに飲み交わす姿が話題に。同世代の女性からだけでなくサラリーマン世代の男性からの人気が急上昇し、昨秋から同番組のサブMCに抜擢されるなど、テレビ番組を中心に一気にブレイクを果たした。

出典 http://www.oricon.co.jp

最近はファッション誌や、バラエティ番組などで見かける機会が増えましたよね。「朝までハシゴの旅!」は、ブレイクのきっかけとなりました。

しかし、ここまでの位置にくるまでには、いろいろと苦悩もあったようです。

雑誌『ピチレモン』のピチモオーディションでグランプリを獲得

2001年、ローティーン向けファッション雑誌『ピチレモン』のピチモオーディションでグランプリを獲得。同年9月から2006年まで専属モデルとして活動した。

出典 https://ja.wikipedia.org

なんと、6000人の応募者の中からグランプリに選ばれたそうです。凄いですよね!審査員も、輝く原石を見抜いていたのでしょうね。

『PINKY』、『non-no』など数々の専属モデルを経験

2008年には「PINKY」、2010年「non‐no」の専属モデルに抜擢される。

出典 http://www.ntv.co.jp

ピチレモンを卒業後は、人気ファッション誌で専属モデルを務めました。しかも「PINKY」のオーディションでは、またもやグランプリを勝ち取っています。モデルとしての才能はズバ抜けていたのでしょうね。

しかし、華やかな専属モデルの裏側には…

「恐縮しちゃって全然自分を出せない時期でもありました」とブレイク前の「PINKY」「non-no」専属モデル時代を回顧。同時期に活躍していた鈴木えみや佐々木希らが注目を浴びる一方で、自身はあまり仕事がなかったといい、「意外と厳しい世界。割と専属の方が多かったので。(人気も)一番下とか」とぶっちゃけ。「お仕事がないってこんなにつらいことなんだなって、毎日毎日思ってました」と苦しい胸の内を明かした。

出典 https://health.h7i.jp

たしかに他のモデルさんと比べて、メディアへの露出度は少なめでした。専属のモデルさんはたくさんいるので、人気がダウンすると仕事が無くなってしまうそうです。華やかに見えますが、かなり厳しい世界なんですね…。

「専属モデル」でいることを辞めた

「可愛くて綺麗なモデルさんはそこにいてくれるだけで華やかだし、その人たちと同じことをやっても全然及ばない」と涙ながらに語る場面も。自分だけの魅力を4年間探し続け、2012年、21歳のときに「自分で扉を開けていかないと」と専属モデルを辞めるという決断をした佐藤。安定を捨て、果敢に挑戦した勇気が現在の活躍につながった。

出典 http://www.excite.co.jp

他のモデルさんと同じことをしていても、自分はその中から抜け出せないということに気づいたようです。でも専属モデルという安定を捨てるなんて、なかなかできたものじゃありませんよね。

すると、ナチュラルな笑顔が注目を集め、今や人気モデルに!

でも専属モデルを辞めたことが大正解でした。いままでのツライ思いを吹き飛ばしたかのような自然の笑顔が、たくさんの人を幸せにしています。

2012年4月以降は、様々なジャンルのファッション誌に登場。現在は『MORE』『sweet』『Soup.』『ar』『mini』など、多くの雑誌にレギュラー出演しています。

すべてが“ちょうどよく”“鼻につかない”のだ。ここまで批判する要素がないモデルやタレントもなかなかいないのではないだろうか。そしてその点が、佐藤の最大の魅力でもあり、才能だといえるのかもしれない。視聴者側からしてみても、どこにも引っかかる“毒”や“キズ”がなく、安心して眺めていることができる稀有な存在で、各バラエティでも重宝がられているのも、そのあたりに理由がありそうだ。

出典 http://www.oricon.co.jp

浮上のきっかけをつかんだ場所。それがハワイだった

浮上のきっかけをつかんだ場所こそがハワイだといい、「みんなにこにこしてるからつられて笑っちゃう。すれ違っただけで笑いかけてくれたりする」とにっこり。「こうやって人と接したら、私も相手の方もうれしく思ってくれるんだなっていうのを教えてもらいました」と自然体でいることの大切さを改めて語った。

出典 https://health.h7i.jp

自分の人生を変えてくれる場所って、誰もがあるのではないでしょうか?佐藤さんは海外で普段とは違う空気に触れ、人を笑顔にすることの大切さを学びました。まさに佐藤さんの“アナザースカイ”ですね。

今後の活躍が楽しみ

気さくで飾らない姿が人気の佐藤栞里さん。屈託のない笑顔から、性格の良さがにじみ出ていますよね。明るくてノリが良い性格も、さまざまな世代から愛されている理由の一つです。

これからどのような活動をしていくのか?今後の佐藤栞里さんの活躍にも期待したいですね♡

この記事を書いたユーザー

白うさぎ このユーザーの他の記事を見る

芸能ニュース、芸能ゴシップ好きの33歳女性。ブログをお休みして、最近はSpotlightでの執筆にハマる日々です。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス