腕力は夫が強くとも、弁が立つのは妻という家庭は少なくないのではないでしょうか。

できれば喧嘩もなく、ニコニコ笑って夫婦生活を送りたいものですが、喧嘩や言い争いが起きることもありますよね。しかし、その際の言動にも限度はあります。

「妻のこんな発言で離婚した、離婚を考えている」という男性の意見をご覧下さい。

1.

育児に奮闘していると言葉がきつくなることもありますが、目に余るものがあったようです。

2.

暴力暴言が頻繁に起きているようで、疲弊しきっていることが伝わります。

3.

なにか問題が起きても「しょうがない」の一言では、悲しくなるのも無理はありません。離婚を切り出しても変わらないということは、本気と捉えていないのか、暗黙の了解なのか、どちらなのでしょう?

4.

夫はATM発言に、死んでくれ発言のコンボ…これはひどい。

5.

細かい事情が書かれていないので一概には言えませんが、お子さんが問題発言をした時の妻の対応も見られています。

6.

直接暴言を言うだけに留まらず、メールも送られている方が…。文字にされると、直接言われるよりも傷つくこともあります。

7.

血尿が出ているということは、体調を崩している証拠。心配するでもなく暴言を浴びせるなんて信じられません…。

ここまでの例をご覧になって、薄々気付いた方もいらっしゃると思いますが、これらの暴言はれっきとした「モラハラ」に当たる可能性が高いです。

より具体的に発言内容を相談している方もいらっしゃいましたので、ご覧下さい。

8.

Licensed by gettyimages ®

「周りから気を遣われないから自分も気を遣わない人間なんて最低。生理的に無理!」と。

生理的に無理と言われショックを受け、そういう風に思ってるなら離婚しようと提案すると
「私はいつでも離婚したいと思ってる。したいならいつでもどうぞ。でも子ども連れて出ていけないからあなたが出て行ってね」

出典 http://komachi.yomiuri.co.jp

共働きの旦那さんからの相談です。旦那さんは家事も育児もやっており、自身が休みの日には料理もしています。

その後の話し合いで和解したとのことですが、夫婦それぞれが不満に思っている点も浮き彫りになったそうです。

9.

Licensed by gettyimages ®

「バカクズ死ね」が当たり前、普段から毎日続けていた家事育児も「私がやってないと言ったらお前は何もしていないことになる」と言われ「なんで何もしないんだ怠け者」と責める、他にもとても書ききれないようなことを色々言われましたが、挙句には「お前に人権は無い」と来ました。

離婚を切り出す度に散々「責任感がない」「人間として失格」「何も考えていない最低な人間」と罵られて我慢してきましたが、もう限界です。

出典 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

ジャイアンがまだ優しく見える位の傍若無人ぶり…。

「早く逃げて」としか言えません。

さて、当人が「モラハラ」だと意識せずとも次のような発言は、立派なモラハラとなります。

以下の発言をしていないか、男性も女性も振り返ってみて下さい。

こんな発言は「モラハラ」ですよ!

Licensed by gettyimages ®

・理由もなく日常的に睨みつけてくる
・話しかけたのに無視される
・何かあるたびに嘘つきだと言われる
・侮辱する
・反論しても口答えだとあしらわれる
・何を言っても否定してくる
・あなたの親族や友人の悪口を言う
・あなたを丸め込み従わせようとする
・子供に悪口を吹き込みあなたに言うように仕向ける
・男のくせに、と馬鹿にされる

出典 https://ricon-pro.com

どうでしょう?日常生活の中で言ってしまっている言葉はありませんでしたか?

こういった発言をされた時には、ICレコーダーなどで録音をする、もしくは日記などに言われたことやされたことをしっかり記録しておいて下さい。

調停や裁判を行う際に証拠として提出することができるからです。

モラハラというと、男性から女性に対して行われるケースが多いと思われがちですが、最近では女性から男性へのモラハラも急増しています。

円満な夫婦生活を送るに越したことはありませんが、心を病んでしまっては元も子もありません。

もし、こういった被害に遭っている方がいらっしゃいましたら、被害に遭った記録を集めつつ、弁護士に相談しましょう。

この記事を書いたユーザー

週休二日制 このユーザーの他の記事を見る

動物が大好き。会社員であり、流浪のライターとしても活動。
興味を持ったことを色々書いてみます。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス