記事提供:カラパイア

ヴィクトリア朝のテイストを醸し出しているこの義手はフィクションではない。実際に使用されていたものだ。この義手が使用されていた時代は、1850年から1910年頃だそうだ。

戦争で失った腕の代わりに使用されていたそうで、素材は鋼と真鍮でできており、関節も動くという。

この義手は現在、ロンドンの科学博物館にて展示されている。博物館が鑑定しているので本物だろう。

見た目はレトロフューチャーなスチームパンクっぽいが、指も含めた関節も個別に動くので、現在の義手の原形となったものと思われる。当時はこの義手の上に革の手袋をはめて使用されていたそうだ。

当時はまだ抗生剤も発明されておらず、戦地で怪我を負った兵士を感染症から守るには傷を負った腕を切断するしかなかったそうだ。

これらの画像は海外掲示板redditで話題となっていたものだ。

redditユーザーの反応は…

Real_MikeCleary:
ルーク・スカイウォーカーみたいでええな。

Exastiken:
遠い昔、遥か銀河の彼方で…

Marvelkicks:
150年は遠い昔ってことにしとこう!

kratlister:
ターミネーターだ。

Keretahana:
Fall Outのニック・バレンタインみたい!

StephenHawkings_Legs:
今と違って大量生産じゃなくて手作りだからな。

memphishayes:
鋼の錬金術師。

出典 https://www.reddit.com

出典:reddit

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス