モスバーガーで2016 年 2 月 9 日(火)から、全国のモスバーガー店舗(一部店舗除く)にて、過去の人気商品の中で最も復活の声が多い『モスライスバーガー「焼肉」』を定番商品として、そして次に要望が多かった『ホットチキンバーガー』を同日から 3 月下旬までの期間限定で販売されることになりました。

出典 http://mos.jp

モスライスバーガーの「焼肉」は、1990 年より「やきにくライスバーガー」として販売が開始され、過去に販売された商品の中でも常に根強い人気があり、復活要望の声も高く、今回 3 年ぶりに『モスライスバーガー「焼肉」』として定番商品で復活販売されます。

また復活要望 2 位の『ホットチキンバーガー』も期間限定で販売されます。いずれも、2011 年 2 月から 2015 年 9 月まで全国 47 都道府県で実施されたイベント「モスバーガータウンミーティング」やお客様相談室に最も多くの要望があった商品です。

また今回、全ライスバーガーのライスプレートが20%増量され、さらに食事性を高めボリュームのある商品に仕上がっているようです。この仕様変更による価格の変更はないそうです。

『モスライスバーガー「焼肉」』(390 円)

出典 https://entabe.jp

モスオリジナルの焼肉だれに漬け込んだ、甘みと旨味がある柔らかい肉質の牛バラ肉を焼き上げ、グリーンリーフ、ライスプレートで挟んであります。焼肉だれは生の長ネギとしょうが、りんご果汁などを加えて風味とコクを出したしょう油ベースで、1990 年発売当時の味が再現されています。

しっかりとたれの染み込んだ牛バラ肉を、お店のグリドルで生から焼き上げることにより、しょう油の焦げた香ばしさや焼肉の照りが食欲をそそります。柔らかな歯触りでくせがなく、緑鮮やかなグリーンリーフ、しっかりと味付けした焼肉とライスの組み合わせが味わい深い一品です。今回、ライスが 20%増量していることで食べ応えも抜群です。

『ホットチキンバーガー』(360 円)

出典 https://entabe.jp

細かいパン粉を使用し、サクっとした衣で揚げた鶏ムネ肉のチキンフライに、シャキシャキの細切りレタス、オリジナルのホットソース、スライスしたトマトをのせバンズでサンドされたホットチキンバーガー。

ホットソースはダイスやピューレ、ペーストなどさまざまな形状のトマトを使用して、甘みとコクのある旨味を引き出したモスこだわりのソースで、1993 年発売当時の味が再現されています。

中濃ソースやみじん切りにしたタマネギ、赤ワイン、醤油などにハラペーニョパウダーを加えることで、辛味の中にもさわやかな酸味と、深みを感じられるバランスのとれたスパイシーな味わいに仕上がっております。トマトの酸味と後引く辛さが、ジューシーなチキンフライによく合う、絶妙な味わいの商品です。

ネットの声

復活を喜ぶ声が多いのですが、なぜホットチキンバーガーは定番商品にならないのか?という声も多いようです。

ホットチキンバーガーには根強いファンがついているようですが、なぜ定番商品にならないのか。ある方がこんなツイートをしています。

ホットチキンバーガーは、材料が多く複雑な味がしてとても美味しいのですが、もしかしたら作るのにとても手間がかかり、コストの面でも定番商品にしにくいのかもしれませんね。

それでも嬉しい!!

出典 http://mos.jp

いずれにしても、再販してもらえるのはとても嬉しいことですね!
期間中はぜひ皆様もモスバーガーに足を運んでみてはいかがでしょうか。





この記事を書いたユーザー

もちもちたまご このユーザーの他の記事を見る

読んで頂きありがとうございます♪猫とファンタジーと食べることが大好きな健康オタクです(◍•ᴗ•◍)

得意ジャンル
  • インテリア
  • 話題
  • 動物
  • グルメ
  • 料理
  • 暮らし
  • 美容、健康
  • エンタメ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス