現在、紛うことなきインターネット時代ですが、友達同士の付き合いなどもSNSが主流となり、家族間,親子の間ですらその関係が希薄になりがちです。

そんな中、ある男性の呟きと、それにリプライを繰り返す初老の男性のやりとりを綴ったツイートに感動致しましたので、ご紹介させていただきます。

◎本編

「会社辞めたい」と呟いた。

出典 https://twitter.com

わたしのTLでも、このようなネガティブなツイートを見かけることがありますが、どう対応していいのか分りません。

「大丈夫」と返してくる男がいた。プロフィールには55歳。

出典 https://twitter.com

顔も知らない見ず知らずの人にリプライするのは、勇気のいることだと思います。
55歳という年齢から、SNS初心者が反応したのかと推測します。

「会社辞めたい」毎日呟いた。「大丈夫」毎日返してきた。

出典 https://twitter.com

年齢的に些細なツイートでも心配になってしまうのでしょうか。

ある日呟いた「死にたいです」。

出典 https://twitter.com

「死にたい」とはただごとではないですね。
ちなみに、「死にたい」というツイートをフォロワーがツイッター運営に報告すると、ツイッター本部からDMが届くそうですね。

◎ツイッターからのダイレクトメール

◎そして感動のラスト

次の日、何の前ぶれもなしに父が上京してきた。20年ぶりに私を抱きしめて言った。「大丈夫」

出典 https://twitter.com

ちょうど、わたくしの長男が進路に悩む年頃ですので、このツイッターでのやり取りを我が子と自分に重ね合わせてしまいました。

こちらのツイート、数年前「ツイッター小説大賞」なるもので佳作を受賞した作品とのことでした。

この「ツイッター小説大賞」
現在、応募受け付けはしていないようですが、過去の作品を見返すだけでも価値があると思われますので、みなさまも是非!

この記事を書いたユーザー

アカンな~同好会 このユーザーの他の記事を見る

ツイッター
https://twitter.com/jose1106
アカンな~同好会【ラーメン編】
http://ameblo.jp/jose-r-b/

宜しくお願い申しあげます

得意ジャンル
  • グルメ
  • 料理
  • 感動
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス