記事提供:子ある日和

生後5~6ヶ月の頃から始めた離乳食も、9ヶ月を過ぎた頃になると少しずつ慣れ始め、徐々に固形物も口に出来るようになってきます。

そして、徐々に自分でも食べてみたいと言う気持ちが現れ始め、手で食べ物を掴み、食べるしぐさを見せることでしょう。

この頃から「手づかみ食べ」が始まります。

この頃の赤ちゃんは、まだ手の力加減が分かっておらず、せっかく手にした食べ物を握りつぶしてしまったり、手からこぼし床に落としたりもするでしょう。

親にとっては、少し大変な時期かもしれませんが、この「手づかみ食べ」は子供の成長の中で非常に大切なことなのです。

そこで今回は、赤ちゃんの「手づかみ食べ」に焦点を当て、考えていきたいと思います。

手づかみ食べの大切さ

目で食物を見て、その固さを確かめる。手で固さや温度を知り、どのくらいの力を入れればそれがつぶれるのか考える。

そして、食べこぼしたり、口の中に入れすぎたり、失敗を繰り返しながら自分が一口で食べられる量を考え、調整することを覚えます。

これは、人間が生きていくうえで基本となる行為です。

そして、「手づかみ食べ」を通して、口と手を協調できるようになり、食器・食具が上手になっていくのです。

また、この時期は「自分でやりたい」と言う欲求が出てくる時でもあります。

「自分で食べる」機能を即す観点だけでなく、「自立心を育てる」ためにも、「手づかみ食べ」はとても重要なことだと言えるでしょう。

手づかみ食べの頃の離乳食とは

冒頭に“固形物”を口に出来るようになる頃と記載いたしましたが、この頃の赤ちゃんの“固形物”とは、歯茎ですりつぶせる位の固さの物を指します。

9ヶ月頃の赤ちゃんは、まだ歯が生えそろっていません。そのため、木綿豆腐や軟らかく煮た野菜などを中心に、離乳食を作ってあげると良いでしょう。

また、離乳食は、赤ちゃんが「手づかみ食べ」しやすいように、スティック状やさいころ状にしてあげると良いでしょう。

慣れてきたらわざと少し大き目の食べ物を渡し、赤ちゃんが自分の食べられる量を調整できるよう即してあげることも大切です。

汚れても良い環境を作ろう

赤ちゃんが「手づかみ食べ」を始め、成長を感じるのは嬉しい。しかし親としては大変な側面も多いでしょう。

手からこぼれた食べ物で床やテーブルの上はぐちゃぐちゃ…。中には、髪の毛や洋服までめちゃめちゃにしてしまう赤ちゃんもいることでしょう。

なるべくイライラせずに赤ちゃんの「手づかみ食べ」を見守ってあげるために、食事の際には万全の用意をしておくことが大切です。

子育てサイトなどでは、「手づかみ食べ専用マット」なども販売されていますが、一番良いのは新聞紙です。

赤ちゃん用の椅子の下に敷き詰め、汚れ対策をしてください。

また、汁物などはなるべく少量をよそうようにし、こぼされても大丈夫なようにすると良いでしょう。

遊び食べ対策

「手づかみ食べ」に慣れてくると、「遊び食べ」を始めるお子さんもいます。床に食べ物を投げたり、手でこね回すだけで食べなかったり…。これは、1歳~1歳半の頃よく見られる光景です。

しかし、遊び食べというのは、赤ちゃんが食べる意欲を見せ始めてきた証でもあります。なるべく好きに遊ばせてあげるようにしましょう。

ただし、徐々に躾も大切になる頃です。

ある程度遊ばせたら、「りんごさん、かわいそうだよ。お口でアーンしてみようか」などと、声をかけてあげると良いでしょう。

ここでは、赤ちゃんが食事を嫌いにならないよう、頭ごなしに叱らないことが重要です。

スプーンやフォークへの移行

手づかみ食べがある程度慣れたら、時々スプーンを持たせてあげるようにしましょう。

また、親自身も目の前でスプーンでの食事風景を見せ、「食事は食具を使って食べる」と言うことを分からせてあげることが大切です。

なかなか上手くスプーンを口に入れることが出来ない場合は、まだ手と口の協調が上手くいっていない可能性もあります。

一旦元の「手づかみ食べ」に戻り、ゆっくりと見守ってあげると良いでしょう。

赤ちゃんのペースに合わせ、あせらずに進めてあげるようにしましょう。

また、スプーンの形状によっても使いやすいもの、使いにくい物があります。赤ちゃんの利き腕が親の認識と異なっている可能性もあります。

赤ちゃんの動作をよく観察し、使いやすい道具をそろえてあげると良いでしょう。

まとめ

「手づかみ食べ」と言うのは、赤ちゃんが生きていくために必要な基本動作です。

初めは誰もが上手に食べることが出来ません。しかし、少しずつ練習し、徐々に身体で覚えていくでしょう。

お母さんにとっては、せっかくの料理がめちゃめちゃになり、部屋が汚れ、イライラする時期かもしれませんが、赤ちゃんが自立し、成長していくためにも、ゆっくりと見守ってあげるようにしましょう。

大丈夫です!いつまでも手で食べている人間はいません。ゆっくり待っていれば、いずれスプーンやフォークを使い、上手に食べてくれる日が来ますよ。

いかがでしたでしょうか。参考にしていただけますと幸いです。

権利侵害申告はこちら