記事提供:いいモノ調査隊

朝、目を覚ましたい時や、リラックスしたい時などのシーンで活躍するコーヒー。

最近は、コンビニでも1杯100円くらいから、おいしいコーヒーを手軽に楽しむことができるようになりました。ですが筆者は、しょっちゅう目を覚ましたいし、いつでもリラックスしたいので毎日5杯以上のコーヒーを飲んでいます。

そんなコーヒー依存気味な人の場合は、1杯は100円のお手ごろ価格でも、1日500円とすると、月に15,000円くらいに…まさにチリツモの法則でなかなかの出費になります。

それに、淹れ立てのコーヒーを飲むために、日に5度もコンビニへ足しげく通うのも…ね。

コーヒーメーカーを投入すれば、価格をおさえながらおいしいコーヒーを毎日大量に摂取することができそうですが、機械を洗う手間が面倒だし、スペースの問題がありますよね。

家ならばいいとして、さすがにオフィスの自分のデスク上にアレを設置する勇気はありません。

いや、別にそんなに怖い会社ではないので、上司もコーヒーメーカーの1つくらい許可してくれるとは思いますが、勝手にそれを置くことで、自分がコーヒー当番にされそうな気がして嫌なんです。

それでも、毎日おいしい淹れたてコーヒーが飲みたい!というズボラな上にわがままな筆者も納得できる便利なグッズを発見しました。

それがこちら!AOZORA(あおぞら)の「COFFEE PRESS(コーヒープレス)」です。

粗挽きコーヒーを使ってお湯を入れてプレスするという、「フレンチプレス」や「カフェプレス」と呼ばれるものと同じ仕組みなのですが、一度に複数作れるタイプではなく、カップ1杯分だけというコンパクトなアイテムなのです。

カラーはホワイト系(ミルク)とブラウン系(ブレンド)の2色。筆者はホワイト系(ミルク)をチョイスしました。デザインもかわいくて、マグカップの雰囲気にぴったりマッチします。

構造はいたって単純。本体上部と下部が分裂する構造になっているので、取り外しします。下部はメッシュの構造になっていて、その中に好みの粗挽きコーヒーを投入。

あとはマグカップにお湯を入れて、「コーヒープレス」を直接カップの中へいれるだけ。この発想の転換が、スゴイ!そしてそのまま4分待ちます。

カップ内で、上部のピストンをゆっくりと押してコーヒーを抽出すれば、コーヒーが完成。濃さを自由に調節できるのがいいところで、最後に「コーヒープレス」を持ち上げてさらにピストンを押し絞ると濃い目の味わいが楽しめます。

筆者は、朝一番に飲む時はガッツリ濃い目に、夜深い時間は少し薄めにして時間帯や気分によって濃さを変えて飲んでいます。使った後は、食器と一緒にスポンジで洗えばキレイになるので、後片付けの手間もかかりません。

手軽で簡単においしいコーヒーが楽しめるので、日に何杯もコーヒーを飲む人はぜひ試してみてください。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス