年末年始を終え、冬真っ只中。ぬくぬく身体も大きくなって重くなっていませんか?ダイエットの為に…とはいえ、美味しいものは我慢できないですよね。

飲み会や持ち寄りパーティなどがあると、さらに体重も健康も気になる時期。そんな時にオススメ!女性が好きなお惣菜「キッシュ」をヘルシーに作ってみましょう。

キッシュはバターや生クリーム・チーズをたっぷり使用した濃厚なものですが、卵やチーズを使わない豆腐でキッシュが出来るんです!

具材いろいろ!余った惣菜でOK

オリーブオイルでキッシュ生地を作り、豆腐クリームを使用します。具材は余った煮物やきんぴらがオススメです。味わいは優しい白和えのようで、とってもヘルシーですよ!

キッシュ生地・豆腐クリームを作れるようになればアレンジ自在です。

きのこの豆腐キッシュ

出典筆者撮影

まずは、共通のキッシュ生地・豆腐クリームを作ります。

オリーブオイルでヘルシーキッシュ生地

出典筆者撮影

【18cmタルト型 1台】

小麦粉      1cup(200ml)
オリーブオイル    大さじ2と1/2
ぬるま湯     大さじ3
塩        ひとつまみ

【作り方】

① ボールに生地の材料を全て入れる。

出典筆者撮影

② 手の指を下にして一気に混ぜる。

出典筆者撮影

すぐ一塊になってきます。

出典筆者撮影

③ ある程度まとまったら、こねて一塊にする。

季節によって、生地がまとまりにくい場合はぬるま湯で調整しますが、まずはこの分量のままお試しください。

出典筆者撮影


④ 打ち粉をして生地を棒で伸ばして、型よりも大きめに広げる。 


⑤ 側面の空気をぬきながら型にはめ、上部を麺棒を使って転がしながら余分な生地を取る。

出典筆者撮影


⑥ 底にフォークで空気穴を数か所あける。



⑦ オーブン(またはトースター)で200℃で10~12分生地を焼く。



ぷくっと上がってきても、フォークで少し抑える感じで大丈夫です。

出典筆者撮影

キッシュ用豆腐クリーム

出典筆者撮影


【材料】

木綿豆腐 1丁(350g)
味噌 大さじ1
酢 大さじ1/2

【豆腐を水切りする。】



⑧ 木綿豆腐は耐熱皿に置き、レンジ600Wで2分加熱。 取り出して重石をのせて(お皿でOK)、約40分ほど置く。

※途中お水がたっぷり出るので、数回お水を捨てて下さい。


⑨ ペーパーで①の表面の水気を拭き、ちぎりながらミキサーに入れる。 味噌・酢と一緒に滑らかになるまで撹拌する。

【具材】

しめじ      1/2袋
舞茸       1/2袋
オリーブオイル  小さじ1
醤油・みりん 各 大さじ1
ごま       小さじ1



⑩ フライパンにオリーブオイルを温め、きのこをほぐしながら加えてしんなりするまで炒める。


⑪ 火を弱めて醤油・みりんを加え、水分が無くなるまで炒め、ごまをふりかけておく。


⑫ キッシュ生地に10を敷き詰め、豆腐クリームをならしながら入れる。上から胡椒を少々ふる。


⑬ オーブン180度で30分焼いて、10分ほど置いて落ち着かせたらできあがり。

出典筆者撮影

きんぴられんこんの豆腐キッシュ

出典筆者撮影

生地・豆腐クリームは共通で、具材はいろいろ変えてアレンジが楽しめます。れんこんやごぼうのきんぴらもオススメです!

人参と舞茸の豆腐キッシュ

出典筆者撮影

人参をすりおろせば、色合いも卵を使用しているかのよう!ほんのり甘い味わいになりますよ。

いかがでしたか?

キッシュも卵やチーズを使わずにヘルシーに作れます!ぜひお試しくださいね。

ブログでレシピ公開しています

Norikostyle
宝塚ワインサロン
紀子です。
昨日に引き続き、おつまみの一皿レシピ。
ヘルシーな、ダイエットにも大丈夫の豆腐キッシュです^^

この記事を書いたユーザー

紀子 このユーザーの他の記事を見る

JSA認定ワインエキスパート
少人数制ワインサロン主宰
ワインライフを豊かにするコツをブログとサロンで発信中。
ワインタイプ別(スパークリング・白・ロゼ・赤)におつまみを創作しブログに綴っています。
ブログ:http://ameblo.jp/norikostyle2/

得意ジャンル
  • グルメ
  • 料理
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら