ビールやヨーグルトのCMでお馴染みの”プリン体”今や摂りすぎは健康に悪いという常識が浸透していますが、その正体となにがいけないのか?を正しく理解している人は少ないと思います。この記事では知ったかぶりにならないための”プリン体”の正体に迫りたいと思います。

※もちろんしお菓子のプリンとは関係ありませんw

プリン体とは?

核酸を構成する主成分。代謝によって尿酸となるが、その異常によって高尿酸血症となり、痛風を引き起こす。細胞の核に存在する核酸の主成分であるアデニンやグアニンなどとして存在します。あらゆる生物の細胞内に存在するため、ほとんどの食品に含まれています。一般的にレバー、イクラ、タラコなど細胞数の多い食品には多く含まれ、アルコール飲料ではビールに多く含まれています。  

体内では、食物から取り込まれるプリン体のほかにも、新陳代謝によって古い核酸が分解したもの、グルタミンやグリシンなどから合成されたものがあります。プリン体は肝臓で代謝されて、最終的には尿酸となって身体の外に排泄されますが、尿酸が多くなり過ぎると血液の中に尿酸がたまって、高尿酸血症を起こします。高尿酸血症の状態が続くと、尿酸が結晶化した尿酸塩が関節に沈着し、急性関節炎を引き起こします。これが痛風と呼ばれるもので、ほかに腎臓や尿路に沈着して腎臓障害や尿酸結石を起こすこともあります。

出典 http://www.weblio.jp

つまり簡単に言うとプリン体とは、穀物、肉、魚、野菜、飲み物など食物全般に含まれる成分で、主に旨みの成分のことです。
プリン体は分解されて尿酸に変化し体外に排出されますが、尿酸量が排出能力を超えて体内に蓄積されると痛風の原因となるといわれています

ちなみに痛風とは

痛風 (つうふう) は、血液の中尿酸(プリン体)量が増え過ぎたことを原因とした関節炎のことです。痛風という病名は痛み 発作の箇所が風が吹く様に足・膝・腰・肩・肘・手や胸骨など全身の関節・骨端を移動し、尚且つ風が強くなったり穏やかになったりする様に痛みが酷くなったり和らいだりを繰り返すことから命名されたようです。

筆者の知り合いにも痛風を患っている人がいますが、その関節炎の痛みは想像を絶するようです。なんでも足の指をハンマーで思いっきり殴りつけられる様な痛みが突然やってくるとか……

プリン体の多く含まれている食品

プリン体の摂取は1日400mgまでが目安です。

「プリン体が極めて多い食品・100gあたり」

干し椎茸380mg鶏レバー312mgマイワシ干物306mgかつお節493mg煮干し746mgイサキ白子306mgアンコウ肝399mg

レバー系はプリン体が多いイメージがありますが、乾物も凝縮されているのでかなり高いですね。ただ、乾物を直接大量に摂取することはないのでこれはセーフでしょう!

「プリン体が多い食品・100あたり」

豚レバー285mg牛レバー220mgカツオ211mgマイワシ210mg大正エビ273mgオキアミ226mgマアジ(干物)246mgサンマ(干物)209mg

プリン体の多いイメージのビールはどうでしょう?

通常のビールには1缶あたり12~25mg/350mL、大瓶1本あたり21~44mg/630mL、地ビールには1本当り19~55mg/330mLのプリン体が含まれることになります。
量的には意外と多くないですが習慣的に飲む人が多いです。ビールを1缶毎日飲む人では6年間に血清尿酸値が0.5~1.0mg/dL上昇すると報告されています、これが1本ではなく2本,3本の人は…

プリン体の必要性とは?

プリン体とは簡単にいえばDNAなどの遺伝子を構成する成分の1つです。遺伝子を構成する「アデニン」と「グアニン」という成分の構造の特徴から「プリン体」と呼ばれているそうです。

遺伝子情報がなければ、我々生物は存在することができません。プリン体と呼ばれる物質は役目を終えると尿酸となり体外へ排出されるのです。つまり私たちの生命活動を根源で支える重要な物質だったわけです。

悪者のイメージしかなかった”プリン体”は実は我々生命を形づくるとなっている物質でした。これからはプリン体の摂りすぎには注意しつつも感謝しながら生きて行きましょう。


ちなみにウイスキーやブランデーなどの蒸留酒は比較的プリン体が少なく、糖質も低いので健康が気になっている人はお酒の種類を切り替えてみてはいかがでしょうか?

この記事を書いたユーザー

マスターお肉 このユーザーの他の記事を見る

頑張ります!

得意ジャンル
  • 話題
  • スポーツ
  • 動物
  • 社会問題
  • 育児
  • 美容、健康
  • コラム
  • 感動
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら