ちょうど今の時期から春にかけて旬をむかえる、いちご。


甘酸っぱくて好きだという方も多いと思いますが、スーパーで買うと結構高いですよね。


そんないちごが食べ放題なのがいちご狩り。


群馬県館林市にある多々良フレッシュファームという農場でもいちご狩りが人気で、「章姫」「紅ほっぺ」「おいCベリー」の3種のいちごを低料金で楽しむことが出来るそうです。


しかし、平成28年1月23日の営業時間終了後に従業員の方がゴミ箱を確認すると、とても悲しい光景が広がっていたといいます。

実際の画像がこちら

ゴミ箱の中に、まだ食べられる部分が残っているいちごが大量に捨てられてしまっています。


どうやらこの行為を行った人は、甘い先っぽだけ食べて酸っぱい部分は次々に捨てたのだと思われます。


払う金額が同じなら、おいしい部分だけをたくさん食べようとでも考えたのでしょうか…。

捨てられてしまったいちごは廃棄処分に

なお、この農場では酸っぱいいちごが苦手な人向けに任意で練乳を購入してもらってるといい、入場の際にも「なるべくヘタの方から食べてください」とアナウンスをしているそうです。


残念ながら、衛生的な問題からこのように捨てられてしまった苺を有効に活かす方法は存在せず、廃棄するしか術はないそうです。

この画像を添付したツイートは大反響に

この画像を添付したツイートは、短時間で非常に多くのリツイートを記録。


その後もリツイートが伸び続けるなど、Twitterで大反響となっています。

このツイートを見た方からは怒りの声が続出

「青い部分を取るな」といった指摘の声も多数寄せられる

画像を見ると確かに赤くなっていないいちごも多く見受けられます。


どうして熟していないいちごまで取ってしまうのか理解に苦しみますね…。

親身になって対策法を考える人も

こういう非常識な人が続出するようなら、何か対策を取らざるを得ないかもしれませんね。

農場の方は、このようなツイートをするに至った心境も述べられていました

最後の「とて」は誤字だそうです。

「お金を払ったら何をしてもいい」訳ではない

決して、お金を払ったから何をやってもいいという訳ではありません。


農場の方が一生懸命作ったいちごを粗末にし、その思いを踏みにじるような今回の行為は、とても許しがたいです。


みなさんはこのような事をしていないと思いますが、食べ物に感謝することを忘れずに生きていきたいですね。

この記事を書いたユーザー

Edoward31 このユーザーの他の記事を見る

まだまだ初心者ですが、よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • グルメ
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス