うのたろうです。
節分ですね。節分といえば、豆。
豆といえば大豆。
そして大豆といえば豆腐。

ということで、本日「豆腐をつかった簡単オススメレシピ」のお話し。

ぼく、大豆製品大好きなんです。
豆乳とか、節分の豆とか。年がら年じゅう食べてます。

……と、それはともかく。
今回紹介するレシピは、3つ。

◎.スイーツ
◎.酒のおとも
◎.どんぶり料理

これが全部、豆腐だけで、しかもチョー簡単につくれちゃうんです。
それこそ、ふだんまったく料理をしないぼくでさえおいしくつくれます。

それでは、そんな豆腐料理の簡単レシピをひとつずつ見ていきましょう……

①黒蜜ときな粉をかけてスイーツとして

まずは豆腐をスイーツとして食べる方法です。
豆腐はもともと大豆なので、おなじ原料であるきな粉との相性が良く、きな粉と黒蜜の相性が良いためおいしい和スイーツになります。

つくり方はめちゃくちゃ簡単。


【材料】
絹ごし豆腐……一丁
黒蜜……適量
きな粉……適量


【つくり方】
①豆腐を軽く水切りして皿に移す
②黒蜜をたっぷりかける
③最後にうえからきな粉を振れば完成


おいしいうえにヘルシーです。
ポイントとしては絹ごし豆腐を使用すること。そして、黒蜜はたっぷりとかけるとおいしくなります。


【アレンジレシピ】
黒蜜のほか、白蜜ハチミツでもおいしく食べられます。
またバニラアイスをうえにのせて、豆腐ごとぐちゃぐちゃに全部を混ぜて食べてもおいしいです。

②塩漬けにして酒の肴に

甘いだけではなくお酒にぴったりあうレシピがあるのも豆腐のすごいところ。
塩漬けにすれば酒の肴に変身します。

これもレシピはめちゃくちゃ簡単です。


【材料】
豆腐……一丁
塩……適量


【つくり方】
①豆腐を容器からだして軽く水切りする
②豆腐全体に手でしっかりと塩をつける
③キッチンペーパーで豆腐をつつむ
④そのままもとの容器に戻してひと晩放置


これで完成です。
しっかりとなかまで塩が浸透し、ぷるぷるしたチーズのような食感になります。

【アレンジ】
そのまま食べてももちろんOKですが、オリーブオイルをかけたり、ごま油をたらしてたべてもおいしいです。

③豆腐丼にして食べる

こちらは少々夏むきのレシピですがネットで定期的に話題になるもの。爆発的に流行っている豆腐の食べ方です。

ちなみに。
このレシピを最初に考案したのはタレントのタモリだそうです。発表したのは笑っていいとも。これの簡単なところは、分量は自分のこのみで適当でOKということです。思いおもいに味つけをし、自分の家庭の味をだしてみてください。

レシピはこちらです。


【材料】
白米……茶碗一膳
豆腐……一丁
醤油……適量
ねぎ……適量
ゴマ……適量
いぶりがっこ……適量
温泉卵……一個

※いぶりがっことは秋田県の漬けもの、ひとことでいえば「燻製にしたたくわん」です。

【つくり方】
①いぶりがっこをこまかく切る
②豆腐をボウルにだして、ねぎ、ゴマ、きざんだいぶりがっこをうえから豆乳
③醤油をたらし、全体をぐちゃぐちゃに混ぜる
④丼にごはんをよそって、ボウルのなかの具材をすべてうえからかける
⑤最後に温泉卵をトッピング


これで完成です。
食欲のない日でもさらさらと食べられるし調理も簡単。ふわふわ食感が絶品です。


【アレンジレシピ】
きざんだみょうがをたっぷりとトッピングしてもおいしいそうですので、ぜひ試してみてください。

ほかにもこんなアレンジや……

こんなアレンジで「自分流」を楽しんでいる人もたくさんいます。

まとめ

スイーツ、酒のおともの一品、丼料理と3つの大きなジャンルから一品ずつ紹介しました。

どれもめちゃくちゃ簡単で、火も使わずすぐにできるものばかりです(塩漬けは前日にしこまなければいけませんが)。

ふだん料理をしないぼく自身が、自分のレパートリーにいれるくらいのものですので、きっと誰でもつくれます。

この3つのレシピさえ知っていれば、少なくとも初夏~秋口までは、食事からおやつを経由し晩酌まで豆腐だけで生活ができます。

どれもオススメですので、ぜひつくってみてください。
そして誰か、ぼくにもっとガッツリボリュームのある料理をつくって食べさせてください。

豆腐……
というより大豆大好き。
おなかすいたよう。

うのたろうでした。

この記事を書いたユーザー

うのたろう このユーザーの他の記事を見る

Spotlight公式ライター/プラチナユーザー。ライターしたり小説書いたりしています。ライターのお仕事は随時受け付け中です。サンプル文章はこちらにもあります。http://unotarou.com/
きてくれた、すべての人を、愛しています。
【twitter】@unotarou

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス