◎衰えないトランプ旋風

着々と進行している米大統領選ですが、派手なパフォーマンスと暴言・毒舌や奇想天外な政策を駆使して一身に注目を浴びるドナルド・トランプ共和党候補が、共和党指名トップ争いを続けております。

本題に入る前に、まずはアメリカ大統領選の仕組みをおさらいしておきましょう。

◎アメリカ大統領選の仕組み

出典 https://www.nikkei4946.com

アメリカは民主党と共和党の二大政党制ですから、各党の予備選で勝ちあがった候補が大統領選に進む仕組みになっているようですね。

◎ペイリン元アラスカ州知事がトランプ支持を表明

【ワシントン共同】11月の米大統領選に向けた共和党指名争いで、2008年の大統領選で同党初の女性副大統領候補となったペイリン元アラスカ州知事(51)が19日、先頭走者の実業家トランプ氏(69)が中西部アイオワ州で開いた集会に参加、支持を表明した。 候補者選びの初戦となる2月1日のアイオワ州党員集会が迫る中、トランプ氏は「大物支持者」の電撃発表を追い風にしたい考えだ。
 ペイリン氏は今も草の根の保守派運動「ティーパーティー(茶会)」や主婦層に人気があり、同州でトランプ氏と激しく競り合うクルーズ上院議員(45)の支持層と重なる。

出典 http://www.tokyo-np.co.jp

ここへきて、女性副大統領候補になったことのあるペイリン氏がトランプ氏の支持を表明いたしました。
これで、トランプ氏はただの泡沫候補ではなく、共和党の大統領候補として本命視されつつあるような気もしなくはありません。

そんな中、民主党の最有力候補ヒラリー・クリントン候補が、奇想天外な公約を掲げたとのことで話題を呼んでおります。

◎UFOの真相を暴く!?

11月の米大統領選は候補者選び初戦となる2月1日のアイオワ州党員集会が迫るなか、民主党の最有力候補ヒラリー・クリントン氏が「UFOの真相を突き止める」と発言したことが話題に。対する共和党も“暴言王”ドナルド・トランプ氏の勢いが止まらない。候補者選びは今後どうなるのか-。

出典 http://www.iza.ne.jp

UFOの存在は賛否が分かれるところですが、それを大統領選の公約に掲げるというのは如何なものでしょうか。
一般大衆には分りやすいテーマかもしれませんが、もっと他に取り組むべきテーマが山積のような気もします。

世論調査によると、トランプ氏の主な支持層は大卒未満の学歴の白人男性。米国社会に潜在的な不満を持つ大票田を掘り起こした格好だ。

出典 http://www.iza.ne.jp

トランプ候補が、暴言や失言を繰り返しインパクトで大卒未満の学歴層を中心に支持を集めているのに対して、似たような手法を使い同じような層を開拓しようとするのはあまりにも短絡すぎるような気がします。

インパクトには、理路整然とした知性で相対してもらいたいですね。

いずれにせよ、まだ予備選の段階にも来ていないのでなんとも言えない部分もあるのですが、次期アメリカ大統領には、地球の未来がかかっていると言っても過言ではないので、リーダーにふさわしい人物が選ばれる事に期待したいですね。

この記事を書いたユーザー

アカンな~同好会 このユーザーの他の記事を見る

ツイッター
https://twitter.com/jose1106
アカンな~同好会【ラーメン編】
http://ameblo.jp/jose-r-b/

宜しくお願い申しあげます

得意ジャンル
  • グルメ
  • 料理
  • 感動
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス