今までの苦労はなんだった・・・

日本の寿司文化は世界に広まり、日本食の代表格となった昨今。

日本でも普段の食事メニューやホームパーティーやお祝い事にも欠かせなくなっていますよね

手作りする度に問題になるのが酢飯

今回、お家で手作り手巻き寿司の新常識ともいえる酢飯の作り方がが紹介されていましたのでご紹介します。


酢飯にうちわは10秒で!

なにをバカなことを・・・って思うでしょ⁉︎

でも実際にお寿司屋さんはそうされています。

そもそもなぜうちわで扇ぐ必要があるのか

冷ますのが目的ではない!

ええええええええ!!!でしょ?

ではなにが目的か。

それは米と酢をうまくマッチングさせツヤを出すことなんです。
また、不要な酢の香りと米の水分を飛ばすという役目もあります。たった10秒扇ぐだけでいいなんて、今まであおぎまくってた自分がかわいそうで・・・笑

じゃあ冷まし方は?

酢飯の適温は人肌と言われています。(←全然知らなかった(*_*))

寿司職人たちはどうやってその後冷ますのか、その道具にまさかの湯タンポ!!

ミニ湯タンポ

出典 http://item.rakuten.co.jp

1、湯タンポに70〜80度ほどのお湯を入れ、サランラップで巻く。

2、その上や周りに酢飯を置き、更にサランラップをかけて徐々に人肌まで冷ましてい    
く。

こうする事で、酢がお米をコーティングしていき、ほぐれやすいツヤツヤの酢飯となるんですって。

混ぜ方はサクサク切るように、しゃもじの背を上にして混ぜると潰れにくいですよ!

炊き方にもコツがあった!

普通に炊くときより水を気持ち減らす・・・というのは皆さんもよく知っていると思いますが、それプラス「早炊き」で炊くとさらに酢飯にあった固めのごはんが炊けるそうですよ。

仕上げはパリパリ海苔で!

手巻きの要とも言えるのはパリパリの海苔でしょう。

歯切れが悪いと具も飛び出るしイマイチ美味しさにかけませんか?

パリッと歯切れがいい、そう、コンビニのオニギリのようなパリパリを自宅でも!!

作り方は簡単です。使う道具はこれ!

見たまんま、おろし金です。

これに海苔を重ねキッチンペーパーなどで怪我しないようにカバーして海苔に小さな穴を開けていくだけ!!

これだけの手間でパリパリの歯切れがいい海苔が出来上がりますよ^ ^

最近では、専用の道具も売り出されてますね

パリッと!のり切り隊

出典 http://pricelist.jugem.jp

オニギリ海苔にも使えますし、一度に全面出来るのがいいですよね!


選ぶ海苔にも工夫あり

一般にスーパーで買う海苔は厚めに出来てるそうなんです。

でも実際にお寿司屋さんで使われてる海苔は薄めの海苔。
お寿司屋さん専用の海苔なんですって。それを手に入れようとするとコストがかかります。
そこで、お寿司屋さんにおろせない海苔として「すしはね」「すしきず」というのがあります。少し傷が入っていたり穴が空いているっていうだけで、味は一級品ですのでこちらが狙い目です!

すしはねのり

出典 http://item.rakuten.co.jp

世界の変わり種寿司アレンジ

イチゴ巻き

出典 http://www.flickriver.com

信じられないと思いますが、マジであります。

筆者が初めて見たのはこれに生クリームらしきものも一緒に巻かれてました。

揚げサーモンクリーム巻き

出典 http://flavorsofbrazil.blogspot.com

クリームチーズとサーモン巻きが揚げられたもの、こちらは以外に美味しかったですよ^ ^

巻き以外でもサーモンとクリームチーズのセット率は高いです

ミックス巻き

出典 http://www.sushiblog.com.br

完全に筆者が勝手に名付けた製品名ですが、イチゴとマンゴー、きゅうりにカニカマを巻いていますね・・・未知の味がしそうです(・_・;


シナモン入りチョコとバナナロール

出典 https://www.google.co.jp

え、、、、もうどうしたらいいかわかりません

最後に

どこかに旅行に行った際にその国にあるお寿司屋さんに入ってみるのも楽しいかと思います。かなり挑戦的じゃないとヤバそうなのもありますが、日本では食べれないものですからね!旅の思い出にはなりますよ^ ^

お家で手巻き寿司、いろんな食材を集めてオリジナルを作り出すのも楽しいですよね!

是非節分の際にでも挑戦してみてください^ ^

この記事を書いたユーザー

Kairin このユーザーの他の記事を見る

どこにでもいる主婦です。バラエティーを見るのが好き。

得意ジャンル
  • 海外旅行
  • 育児

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス