夢のマイホームを手に入れる前に立ちはだかる“住宅ローン”という壁。

いくら借りれるか?どうしたら借りやすいのか?

今回は、輝く女性に向けて素敵なマネーライフを提案するサイト「WomanMoney」から皆様の疑問を解決いたしましょう。

出典jazzman / PIXTA

■住宅ローンってどんな人なら借りられるの?

マイカーローンや事業資金など様々な借入金がありますが、その中でも住宅ローンは借りやすく貸付利息の利率も超低金利となっています。

お金を貸す銀行にとって「ちゃんと返済してくれるか?」のポイントが高ければ高いほど、たくさん貸してくれることになります。

主な3つを紹介しますので、確認してみてくださいね。

■1:返済する能力があるかどうか

まず、銀行が確認するのが過去三年間の所得です。

給与収入者であれば源泉徴収票と自営業の方なら確定申告書の提出を求められます。

たまに自営業の方で、税金を払うのが嫌で収入をごまかしてたというのがありますが、「表にでている所得は少ないが、本当はもっとたくさんあります!」といったところで絶対に通じません。

節税のしずぎで所得が少ない方も同じです。記載された数字しか見られません。

“所得が多い=税金を納めている=社会的信用がある=返済能力あり”というわけです。
おおよそ、年収の7倍が住宅ローン借入限度額といわれています。

出典よっし / PIXTA(ピクスタ)

■2:自己資金が多ければ多いほど借りやすい

買おうとしている物件に対して、自己資金が多いほどローン審査は通りやすくなります。

貸す金額が減るからですが、住宅購入に対して計画的に貯金をしてきたというところが評価されるのです。

それだけ貯金をしてこられたなら(それで生活してきているので)、これから返済が滞る可能性は低いという判断です。

■3:他に借金はないか?

ローン申し込みがあった際、信用情報機関に“この人は大丈夫かどうか”を問い合わせます。

そうすることによって、他に借り入れがないかどうかや過去に延滞などをしていないかを調べることになります。

車のローン返済もある人と今は返済が全くない人とでは、返済可能能力が違いますのでローン審査も違ってきます。

■「あっうっかり……」が命取りに

信用情報機関には過去のことはすべて記録されています。

消費者金融でキャッシングしてその返済が遅れた、などはもちろんのこと。
クレジットカードの引落日に銀行残高がなくて延滞とか、ショッピングローンで入金が1日遅れてしまったなども“金融事故”といわれるものです。

この履歴があるとローンが通りにくく、ローンがおりないことも。
本人にすれば、「支払うお金はあるし。1週間遅れたぐらい」という気持ちですが、そんな“お金にルーズな人”に貸すことはしないのです。

注意して頂きたいのが、携帯電話(スマートフォン含む)の電話料金の滞納です。

機種変更等を行う場合、携帯端末を分割払いにすることがあります。

これもローンにあたりますので、毎月の電話料金の支払いが滞ったりすると“延滞”の履歴が残ります。

お金を借りようと思えば、“個人の信用”が重要視されます。信用は、数年にわたって築きあげていくものです。借りたいと思った時に慌てても遅いのです。

長期的な視野を持って、何事も計画的に進めていくのが人生を思い通りにいけるコツですよ。

【あなたへのオススメ記事】
*どうやって渡す?「子どものおこづかい」人格形成に影響をもたらす渡し方とは
*【当日のチェックポイント5つ】プロが教える「マンション内覧会」を成功させるテクニック

※この記事はWomanMoneyより提供を受けた記事です。

この記事を書いたユーザー

Sumai[日刊住まい]編集部公式アカウント このユーザーの他の記事を見る

インテリアもリノベも家づくりも! 「日刊Sumai」(http://sumaiweb.jp/)は自分らしい暮らしが見つかる情報サイトです♡

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 料理
  • 暮らし

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス