記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
通勤電車での急な腹痛。
試験の前にお腹をくだす。
食生活は通常通りなのに便秘になる。

このような腸の異変に悩んだことはありませんか?お腹の違和感があっても一時的なものと判断して放置している場合がほとんどではないでしょうか。実は、こんな症状が長期間続いているあなたは「過敏性腸症候群」を抱えているのかもしれません。今回はこの過敏性腸症候群について、医師に話を聞きました。

過敏性腸症候群とは?

過敏性腸症候群(IBS)は、大腸の運動および分泌機能の異常で起こる病気です。
下痢や便秘、ガスによる下腹部の張りなどの症状を引き起こします。その原因は精神的不安や過度の緊張から、腸の運動をつかさどる自律神経の異常が起こっていることです。お腹の中では、大腸などの消化管運動の異常、消化管知覚閾値(感覚や反応や興奮を起こさせるのに必要な、最小の強度や刺激)の低下が引き起こされている状態です。

過敏性腸症候群の原因は?

Licensed by gettyimages ®

ストレス、ライフスタイルの乱れが原因のため、検査では見つけにくいといわれています。
神経質な性格の人や自律神経系が不安定であったりする人がなりやすいです。さらに、アルコールの多量摂取、暴飲暴食などの不摂生や、不眠などの不規則な生活、長期労働による過労、冷房などで体が冷えた場合に発症しやすくなる場合があります。

過敏性腸症候群…3つのタイプと症状

この病気は3つのタイプに分かれ、それぞれ発症する症状が異なります。
・下痢型
・便秘型
・混合型

下痢、便秘のほか、腹部膨満感、吐気、ガスの貯留なども伴います。心因性が強けれ場合には疲労感や抑うつ、頭痛といった症状も併発することもあるでしょう。症状は基本的に日中に発症します。夜中に起こすことはほどんどありません。症状の重さや、期間はさまざまです。

病院での検査と治療

Licensed by gettyimages ®

【検査】
病院では血液検査、便検査、腸鏡検査などが行われますが、過敏性腸症候群は、これらの検査結果は正常となります。そして問診によって要因となるものがあった場合に、過敏性腸症候群と診断されます。

【治療】
治療としては、対処療法となります。まずは原因の排除です。ストレス源となっているものから離れること、また食生活等から改善できることがあれば指導されます。そして下痢止めや緩和剤などの薬が処方されます。抑うつや不安等に対する薬剤も処方される場合もあります。

過敏性腸症候群、自分でできる対策は?

症状を緩和する薬はありますが、過敏性腸症候群の根本を治すものではありません。そのため、本人が自分の病気と生活を見つめなおすことが必要になってきます。
過敏性腸症候群は長期化しやすい病気です。症状と付き合っていかなければならない場合は、上手にコントロールすることも必要となります。ストレス発散方法を探したり、多忙であれば少しでも休息をとることを心がけるなど、自分の無理のない程度で見直してみましょう。

≪ストレス性? 下痢が続く?それって「危険な痛み」かもしれません…≫
1分で簡単チェック【危険な腹痛】を診断してみる

【医師からのアドバイス】

過敏性腸症候群は現代社会では発症する人が増えてきていて、なかなか改善されにくい病気です。
つらい症状を一人で抱えこんで我慢したりせず、病院を受診して自分に合った治療法を見つけていきましょう。

(監修:Doctors Me 医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス