Licensed by gettyimages ®

セックスレスはとてもデリケートな問題です。夫婦間での話し合いも必要ですが、男女それぞれ思うところがあるのも事実…。

そこで今回はセックスレスについて、男女それぞれの意見をまとめてみました。

産後、旦那がイヤになる

Licensed by gettyimages ®

セックスレスになるきっかけの一つに「妊娠・出産」があります。もちろん全ての夫婦が当てはまるわけではありませんが、妊産婦さんはホルモンがとても不安定なので性欲がなくなるだけではなく、旦那さんの存在そのものを受け付けなくなってしまうケースもあるのです。

スキンシップも受け付けなくなってしまう人も…。

女性側でもホルモンによるものなのか、気持ちが離れてしまったせいなのか、嫌になる原因が分からずに悩んでいる方もいるのです。

男性も奥さんやパートナーが妊娠中に、産後の女性の体や心について知っておく必要がありますね…。

育児で疲れている上に、体も回復しきっていない時期ですから無理もありません。

性欲はないけど、応じなければいけないのかな?と義務的に感じてしまい、悩む人も。難しい問題ですね。

出産時の痛みや辛い経験がセックスの拒否に繋がっていることもあります。家族計画については、女性側の意見を尊重した方がいいかもしれません。

さて先に女性側の意見をご覧頂きましたが、男性も営みについて悩んでいます。

男性側の意見

Licensed by gettyimages ®

あからさまに拒否されて悩む男性。ホルモンによるところもありますから、長い目で見守ってあげて欲しいです。

家族計画以外に営みがなかったというケース。最後の2行に辛さが滲み出ています。

男性も女性もそれぞれ言い分があり、セックスに対して悩んでいることは間違いありません。特に産後のセックスについては、育児疲れの他にも体調やホルモンによる情緒不安定など、致し方ない理由もあります。

さて、ここで気になるのは「セックスレスを理由に離婚はできるのか」という点です。弁護士の見解を見てみましょう。

セックスレスによる離婚は認められる

Licensed by gettyimages ®

性生活は法律の世界でも結婚の重要な要素と考えられています。もちろん数回応じなかったことくらいでは離婚はできません。でも、セックスレスの原因、態様、期間にもよりますが、正当な理由がない長期間のセックスレスは離婚原因になることがあります。

実際、裁判例で性交渉できないことを告げずに結婚し結婚当初から性交渉がない、夫がAVにハマって自慰行為にふけったり、ポルノ雑誌にハマったり、同性愛者で妻との性交渉を拒否したなどのケースで離婚が認められました。

出典 http://news.mynavi.jp

個々の事情にもよりますが、実際にセックスレスが原因で離婚が認められた判例があるとのこと。…日頃から、セックスについても話し合えるようにしておいた方が良さそうです。

離婚が認められたケースの中には、慰謝料が発生したものもありました。

・婚姻期間が長く、セックスレスの期間も3年以上ある
・結婚してから一度もセックスをしていない
・夫婦間ではセックスレスであるに関わらず、不倫相手とセックスをしていた
・相手の社会的地位が高く、資産や収入が豊富

出典 http://rikon-isharyou-anshin.com

セックスレスに加えて夫婦関係を継続することが難しい理由がある場合は、高額な慰謝料となる傾向にあります。相場的には100万~300万が一番多いそうです。

ちなみに、セックスを“強要”することも「離婚事由」として認められています。

セックスの強要は“DV”

Licensed by gettyimages ®

また、嫌がる妻に性交渉を強要し続け、その結果しとして妻から離婚を求められた場合は、離婚理由として認められるのです。

しかも、これは妻にとっては大変な精神的苦痛であることからDV法の「精神的暴力」にあたるのです。

DV法が改正される前は、性交渉の強要によってケガをした場合のみだったのですが改正後は精神的な苦痛に対しても保護の対象となりました。

出典 http://www.you-matsumi.com

もし相手が嫌がっているのに、セックスを強要したら夫婦間であってもDVとして扱われます。

セックスレスも離婚事由として認められているので、矛盾を感じるかもしれませんがやはり相手の同意は必須です。

非常にデリケートな問題ではありますが、夫婦間での話し合いが一番大切なのではないでしょうか。

無理強いや気持ちを押し付けるのではなく、相手の気持ちを尊重したいですね。

この記事を書いたユーザー

週休二日制 このユーザーの他の記事を見る

動物が大好き。会社員であり、流浪のライターとしても活動。
興味を持ったことを色々書いてみます。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス