記事提供:子ある日和

産まれたばかりはただ寝てばかりだった赤ちゃんも2ヶ月・3ヶ月と過ぎるうちに、手足をバタつかせるようになります。

物を見れば手を伸ばして取ろうとする子もいるでしょう。また4ヶ月になれば、早い子では寝返りを打つかもしれません。

そんな赤ちゃんの後頭部ですが、よく見るとハゲていたり、毛が絡み合い団子状態になっていたりしませんか?

これは赤ちゃんが寝ているときでも活発に動いている証拠。頭が布団や床とこすれる為、毛が薄くなったり、絡み合ってしまっているのです。いわゆる「寝ハゲ」「毛玉」と呼ばれるこの症状、いったいいつまで続くのでしょう?

今回は、この赤ちゃんの「寝ハゲ」と「毛玉」について考えてみたいと思います。

なぜ「寝ハゲ」や「毛玉」ができるの?

冒頭の通り、これは赤ちゃんの後頭部が布団や床に擦れてしまうため起こります。

髪の毛が薄い子であれば擦れた毛の部分が抜け落ち剥げた状態になりますが、毛が濃い子であれば擦れてチリチリになったり、その部分に布団の繊維が絡みつき毛玉状態になったりします。

これは赤ちゃんが寝ているときに首を元気に動かしている証拠。

とっても嬉しい成長の一つです。

寝ハゲと毛玉はどうすれば治る?

そうはいっても余りにもハゲていたり、毛が絡まっていたりすれば親は気になります。
では、寝ハゲはどうすれば治るでしょうか?

残念ながらこれはしばらく様子を見るしかありません。もし気になるようであれば、時々うつぶせにしてあげたり、寝ているときに背中に枕を当てて角度をつけてあげましょう。

また毛玉が出来てしまった場合は、赤ちゃん用のクシ、もしくは細めのコームを用意で梳かしあげるとよいでしょう。

余りにも絡みが酷い場合は、赤ちゃん用のリンス in シャンプーを使用するのも1つの方法です。

寝ハゲや毛玉、いつまで続くの?

では、この寝ハゲや毛玉、いったいいつまで続くのでしょうか?

これについては子供の成長により個体差がありますが、大体6~7ヶ月。徐々に腰が据わりお座りやハイハイが出来るようになれば自然に治ります。

寝ている時間が減れば、その分後頭部への刺激も減るため、髪の毛は元のとおり徐々に増えてくるでしょう。

どちらにしろ、一時的な物ですので、心配することはありません。

まとめ

可愛い赤ちゃんの成長。その1つ1つが嬉しく、楽しみなことかと思います。

ハゲている後頭部すら愛しく、またそこに出来ている毛玉すら愛らしい。そんなお父さんお母さんも多いのではないでしょうか。

どちらも成長の証であり、一過性のこと。心配ありませんので、ゆったりした気持ちで見守っていただきたいと思います。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス