記事提供:CuRAZY

1月11日は、「成人の日」。各地で多くの新成人たちが誕生しました。

そこで今回紹介するのは、アラサー世代には懐かしいけど、今の新成人は知らない可能性が高いジェネレーションギャップを感じるモノたちです。

1. ワンダースワン

ゲームボーイのライバル的存在になるはずだった携帯型ゲーム端末。数年のうちにゲーム屋から消えました。

2. セガサターン

「ニンテンドー64」「プレステ」など、強豪がひしめくゲームハード業界の一角を担っていたゲームです。あの藤岡弘演じるせがた三四郎のテレビCMを新成人は誰も知らない…。

3. 8センチCD

シングル盤のCDには、この小さなディスクと長方形のケースが多く使われていました。

4. MD

初めて買ったとき、四角いケースの中から無理やりディスクを取ろうとして、壊したことがある人も多いはず(ケースから出さずにステレオに挿入します)。

5. ハイパーヨーヨー

ヨーヨーが一世を風靡しました。ヨーヨーをやりすぎて中指を痛める小学生が続出しました。

6. バトル鉛筆

学校にオモチャを持っていくことができない中、合法的に持ち込むことができたのがバトエンことバトル鉛筆。

授業中バトルする児童が問題になり、学校も規制に乗り出しました。

7. 練りケシ

こちらも学校に持ち込めた、遊べる文房具。コーラの美味しそうな匂いに、本当に食べてしまうクラスメイトまでいました。

8. なぞなぞキーホルダー

ランドセルにキーホルダーとしてぶら下げられる小型の本。動物図鑑や豆知識図鑑といった派生品まで登場しました。

9. ドクターグリップ

当時の中学生にとって憧れの存在だったのが「ドクターグリップ」というシャープペン。シャーペンを振ると芯が出てくるフレフレ機能が画期的でした。

10. 使い捨てカメラ

修学旅行の必須アイテムはこれでした。24枚ほどしか写真が取れないのに、現像してみると4割はピンボケしていた思い出が…。

11. ファミレスにあった謎の占い機

ファミレスのテーブルに設置してあったあの機械です。当時は頻繁に目にしたものの、使っている人は今だかつて見たことがありません。

12. レインボースプリング

階段を勝手に下るバネのオモチャです。すぐに飽きて、バネを歪ました思い出が…。

13. 電話線つないだインターネット

ADSLや光回線が普及する前、インターネットはダイヤル回線に繋いで行っていました。「ピィーーーゴォーーーー」という音が世界に繋がる合図でした。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス