大学入試センター試験があった今月16日と17日の2日間、郡山駅に置かれた黒板にあるメッセージが書かれていました。

メッセージはこれです!

優しい文字が溢れている黒板に温かい気持ちになりました。

こんなことが書かれていました。

平成28年1月 受験生のみなさまへ

いつもJR郡山駅を利用いただきありがとうございます。
今、このメッセージを書いている私も、数年前はみなさんと同じように受験生でした。その頃、私には夢がありました。
学校ではもちろん、帰宅後もたくさん勉強しました。通学途中の電車での数分間も友だちといっしょに予習・復習
時には、参考書を片手にうたた寝をして降りる駅を寝過ごしてしまうなんてこともありました。
そして迎えた試験当日。最後まであきらめず全力で取り組みました。
現在私は駅員のひとりとして働いています。これから夢に向かうみなさんのために駅での仕事を通して微力ながらも
お力添えができれば幸いです。そして、そのような仕事に出会えたことを誇りに思っています。
残念ながら、あの頃抱いていた夢は叶えることができませんでしたが、道はひとつではありません。
みなさんが今持っている夢や目標のために、ぜひ全力で取り組んでほしいと思います。きっと何かが見えてくるはずです。
郡山駅社員一同、心より応援いたしております。

郡山駅

メッセージを書いたのは2人の女性駅員、吉田真実さんと大久保優香さん。
メッセージは、センター試験のある前の日に書いた。
*JR郡山駅営業係1年目・大久保優香さん

「私も受験を経験して不安な気持ちがあったのでそういった思いを受験生に励ましで届けたいなと思ったので書いた」
高校生のときにセンター試験を受けたことがある2人、駅を使って試験に向かう受験生たちに少しでもエールを送りたいとの思いからこのメッセージを書いた。

出典 http://www.news24.jp

女性2人の駅員さんが書いていたのですね。

あったかい

本当に気持ちが温かくなりますよね。

綺麗な字ですよね!

丁寧に書いていますよね。

うるっときます

優しい気持ちになりますよね。

じんわりきます

励まされますよね。

郡山駅ではこんな応援メッセージも!

この日の郡山駅ではカイロも配ったんです!

出典 http://www.minyu-net.com

桜模様のハッピを着た職員のひと10人が、受験生に「全ての力を出せるよう頑張って」と声を掛けながらカイロを配ったんです。

郡山市のJR郡山駅(渡辺光浩郡山地区駅長)は16日、同日始まった大学入試センター試験に合わせ、同駅在来線改札口付近で高校生らに使い捨てカイロ「アッタカイロ」と手作りメッセージカードの入ったポケットティッシュ約800個を配布した。
 
 寒さの中を試験会場に向かう受験生に、カイロで体を温め、志望校合格をつかんでほしいとの思いから企画。カイロには「がんばれ受験生 私たちはあなたを応援します」と応援メッセージを添えた。

出典 http://www.minyu-net.com

受験生にとって入試の朝は、緊張と不安でいっぱいです。足早に向かったいつもの駅に、こんな丁寧な手書きの言葉が書かれていたら、どれだけ温かい気持ちになるでしょう。そして、どれだけ優しい気持ちになるでしょう。なんて粋で、なんて素敵な心遣いなんでしょう。

2日間だけ置かれた黒板に書かれたメッセージです。それは、同じ受験を経験した2人だからこそ、書くことができたのかもしれないですよね。

この記事を書いたユーザー

うー このユーザーの他の記事を見る

東京が好きで、昭和が好きで、古い日本のドラマも好きで、カフェが好き。
忘れられかけている遠い記憶のことを掘り起こしています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス