女性にとって、加齢による肌や顔つきの変化はできるならば先延ばしにしたいもの。
そんな女性たちのエイジングケアの実態は?そしてエイジングケアがもたらす効果とは?
調査結果をまとめてみました。

実際にエイジングケアを始めたのは平均38.9歳

40代・50代の女性300人を対象にしたアンケートによると、実際にエイジングケアを始めたのは平均38.9歳という結果に。
産後、育児などが少し落ち着き、自分に時間をかけられるようになって本格的に始める方が多いようです。
回答者の中には、エイジングケアを19歳から始めていたという意識の高い方も!

「“顔が汚れてますよ”と言われたので鏡を見たら、汚れじゃなくてシミだった」思わずドキッとしてしまうエピソード

「後輩から“顔が汚れてますよ”と言われたので鏡を見たら、汚れじゃなくてシミだった。後輩の言葉に悪意が無かったとは言え、傷つきました」(40代後半)

出典 http://womancrowd.co.jp

悪意が無いからこそ、胸にグサリと突き刺さってしまう言葉も。気づかないうちにできてしまったシミなどはショックですよね…

「写真に写った自分の顔を見て、老けたと感じた。普段、照明の下で鏡に映っている顔とは違っていた」(50代前半)

出典 http://womancrowd.co.jp

写真などで客観的にみると、普段の自分とは違って見えることも。顔だけ白浮きしてしまい「顔と首の色が違う!」なども鮮明に…

「遠方に住んでいる姉と1年に1度会うのですが、40歳のとき“毛穴目立ってきたわね?ふふふ…”と仲間意識を持たれてしまったこと」(40代後半)

出典 http://womancrowd.co.jp

久しぶりに会う相手の反応は、毎日会う相手よりも変化に敏感。思わずドキッとしてしまいますね…

経験者は語る!エイジングケアの反省エピソード

「産後、育児に追われて自分のケアを怠っていた。せめてもっと鏡を見ておけば変化に気づけたのに…」(40代後半)

出典 http://womancrowd.co.jp

忙しくて自分の事になかなか気が回らない…!わかります。
それでも無理やり、鏡を見る時間を作ることで、女性としての自分に向き合うことができるのかもしれません。

「日焼けを控えれば良かった…昔は黒い肌が流行っていたので」(40代前半)

出典 http://womancrowd.co.jp

健康的な小麦色の肌って素敵ですよね。でも焼きすぎてしまうと数年後にその代償が…!
日焼け後のケアもきちんと心がけたいですね。

「どんなにお酒を飲んでも、化粧だけは落として寝れば良かった。肌がくすむ原因になっていたかもしれない」(40代前半)

出典 http://womancrowd.co.jp

お酒を飲んでそのまま寝てしまう気持ち、わかります…。
でも、一晩お化粧を落とさないと翌日の化粧ノリも最悪なことに…

他にも「どんなに安物の化粧品でもいいから、きちんとスキンケアを続けることが大事!」、「毎日鏡を見て、自分の顔と向き合う!」といった「継続」の大切さを訴える意見が多く見られました。

キレイに年を重ねていくために、まずは今の自分のお肌の状態を知り、日々コツコツとケアに向き合っていくことが大切なようです。

95%の女性が「エイジングケアは女性にとって重要」と回答

Q.エイジングケアによって私生活に期待できる影響は?

「イキイキと過ごせることで、家庭生活や仕事もうまくいく気がする(40代前半)」
「年齢を言い訳にせず、活動的になれる。人に会うのが楽しくなる(40代前半)」
「自分に心の余裕ができて、夫婦円満に繋がるかもしれない(40代後半)」

出典 http://womancrowd.co.jp

いかがでしたか?
女性にとって、昔から「美」は大きなテーマ。
キレイに年を重ねつつ、自分なりの美しさや輝きを表現していきたいですね。

【「Woman&Research」エイジングケアに関する意識調査結果】
調査主体:Woman&Research(株式会社Woman&Crowd)
調査期間:2015年12月1日~2015年12月15日
調査方法:インターネット調査
有効回答:40代・50代の女性 300名(「Woman&Crowd」会員)

出典 http://womancrowd.co.jp

この記事を書いたユーザー

Woman&Crowd公式スタッフ このユーザーの他の記事を見る

全国で会員20万人を超える女性向けクラウドソーシングサービス「Woman&Crowd(ウーマンクラウド)」の公式スタッフがお届けする記事です。
無料登録ですぐにお家でお仕事! 「Woman&Crowd」https://womancrowd.jp

得意ジャンル
  • マネー
  • 社会問題
  • インターネット
  • 育児
  • 暮らし
  • キャリア

権利侵害申告はこちら