SMAP×SMAPの緊急生放送から、数日が経ちました。あれ以来、報道は止まるどころかさらに多くの意見、噂を巻き込んで日本中、世界中に拡散され続けています。

執筆時点でSMAPメンバーから公式に発信されているのは、1月18日放送の「SMAP×SMAP」(フジテレビ)、そして1月15日放送の「木村拓哉のWhat's up SMAP!」(TOKYO FM)におけるコメント、この2つのみです。

「本当に皆さんのことを何かとお騒がせしていますが、ちゃんといつか自分の言葉で話せる時がきたら、そのときはこの”What's”で、お話させていただきたいと思っております」

出典木村拓哉 / 「木村拓哉のWhat's up SMAP!」 / 2016.1.15

木村「今日は2016年1月18日です。先週から我々SMAPのことで世間をお騒がせしました。そしてたくさんの方々に、たくさんのご心配とご迷惑をお掛けしました。このままの状態だと、SMAPが空中分解になりかねない状態だと思いましたので、今日は自分たち5人が顔をしっかりそろえて、皆さんに報告することが何よりも大切だと思いましたので、本当に勝手だったんですが、このような時間をもらいました」

稲垣「この度は僕たちのことでお騒がせしてしまったこと、申し訳なく思っております。これからの自分たちの姿を見ていただき、そして、応援していただけるように精一杯頑張っていきますので、これからもよろしくお願いいたします」

香取「本当にたくさんの方々に心配をかけてしまい、そして不安にさせてしまい、申し訳ありませんでした。皆さまと一緒にまたきょうからいっぱい笑顔を作っていきたいと思います。よろしくお願いします」

中居「今回の件で、SMAPがどれだけみなさんに支えていただいているのかということを、改めて強く感じました。本当に申し訳ありませんでした。これからもよろしくお願いいたします」

草なぎ「皆さんの言葉で気づいたこともたくさんありました。本当に感謝しています。今回、ジャニーさんに謝る機会を木村くんが作ってくれて、今僕らはここに立てています。5人で集まれたことを安心しています」

木村「最後に、これから自分たちは何があっても前を見て、ただ前を見て進みたいと思いますので、皆さん、よろしくお願いいたします」

出典「SMAP×SMAP」 / 2016.1.18

今回の件の正解を、問いたいのではありません。ただ今はっきりわかっていることがあります。

謝罪をする、謝罪を受けるというやりとりから遠く離れた外側で、戸惑いや悲しみを強く感じている、ファンという人たちは確かに存在しています。

【そもそもなぜファンはCD購入での意思表示を始めたのか】

1月13日にグループ存続危機の第一報があり、メンバーからの公式コメントがすぐに出ないことで事態を察したファンは、グループへ、そして世間へ自分たちの気持ちを伝えるべく、客観的事実(オリコンチャート)として反映されるCD購入を自主的に始めました。

そこにはこういった経緯もありました。デモや抗議活動のような不穏当な行動は何よりSMAP5人が望んでいないと長年の応援から判断したこと、そして7年前にも、実際にファンの意思表示としてCD購入の方法が選ばれ、そしてメンバー自身が後に言及し感謝をしていたこと。

(2009年4月、メンバーの草なぎ剛が不祥事により活動を自粛。その後不起訴処分となったことを受け所属事務所が「本人の芸能活動につきましては、この処分とファンの皆様のお声を踏まえ、関係各位とご相談させていただいた上で決定する所存」と発表、これを受けファンはハガキなどの要望送付だけでなく前年のシングル「この瞬間、きっと夢じゃない」をオリコン週間チャートへランクインさせることで、社会へ”ファンの声”を届けた)

「この1か月のあいだに、日本全国のSMAPを応援してくれている人たちが『この瞬間、きっと夢じゃない』っていう曲を、自分たちが過ごしてる時間に当てはめてみんなが聴いてくれた、向き合ってくれたっていう実話を聞いて、これはちょっと前に進むしかないなという、本当に背中を押してもらった気はします」

出典木村拓哉 / 「SMAP×SMAP」草なぎ剛復帰 SPECIAL LIVE / 2009.6.1

ファンがCD購入の動きに賛同したのは、7年、そして最大で28年の関係性がそうさせたものです。

【なぜ今もSMAPファンはCDを買い続けるのか】

今回の件では当事者、そして当事者以外の情報が噴出するにつれ、グループのCDを購入するファンの行動も、次第に論議の的となりました。そしていつしかファン心理そのものの是非が、問われることも増えてきました。

この応援や行動に対する答えは、きっと誰の中でもまだ出ていません。誰もがうまくまだ言葉にできない状況で、その迷いがなくなる日は、今はいつかもわかりません。

ただその一方で、どうしても伝えたい事実もあります。

他者から見て”たかが”と感じることでも、そこには必ず他の人生を生きる一人一人の選択があり、アイデンティティーがあります。ファンにとって、その一つはSMAPでした。

そしてファンが見てきた5人の男性にとっては、それまでの人生の全てが、SMAPでした。

「今大切なのは、何よりもSMAP」

出典中居正広 / 「ポポロ」1994.4月号 / 1994年

「前までは、会場のほぼ100%が女の子で埋められていたのが、最近では子どもを連れたお母さんとか、ボクたちと同い年くらいの男の子たちがたくさん見に来てくれるんだよ。そういうコンサートって前から夢だった」

出典草なぎ剛 / ワニブックス「SMAP YEAR BOOK 1994 -1995」/ 1995年

「一番最初にその言葉を聞いたのが、その一言を聞いたのがメンバーだったなって思ったんだけど、いきなりみんなグラス持った瞬間に「お疲れー」じゃなくていきなり「(結婚)おめでとー!」とか言って始まって。」「あん時はねぇ、マジで…自分がSMAPでいて良かったなぁっていう気持ちにドシーンとなっちゃいましたね」

出典木村拓哉 / 「木村拓哉のWhat's up SMAP!」 / 2000年

「今までやってきた中で、僕らの事を知っていて…いつも明るく元気で笑顔でいるSMAPっていうのを知ってる人たちが、いてくれるんですね。その人たちと、会えたら、辛く苦しい状況の人たちでも、一瞬笑顔になれる。その一瞬の笑顔のために、僕ら20年やってきた」

出典香取慎吾 / NHK プロフェッショナル 仕事の流儀 / 2011年

「僕らのやることに喜んでくれる人がいて、そういう人がいてくれて、こちらが救われた」

出典稲垣吾郎 / 「週刊ザテレビジョン」2015 No.37 / 2015年

SMAPは、アイドルは、確かに偶像と呼ばれる一種の幻想なのかもしれません。しかしファン以上に、その向こうにある生身の人間の「アイドル」という生き方を肯定しつづけてきた人たちもいません。

きっとこれがSMAP自身の行き違いから生じて導き出されていたものなら、大きな騒ぎにはなったとしても、もう少し擁護の声は出ていたのではないかと思います。

しかし実際は、そうではありませんでした。週刊誌の報道で大々的に社内の軋轢がクローズアップされ、そこに出ていたSMAP以外の関係者の発言と動向が、SMAPを”空中分解になりかねない”状況へ追い詰めていきました。

そこに28年かけて歴史に残る偉業を成し遂げた人間たちの意志は、尊厳は、果たしてあったのでしょうか?

…場所も世代も立場も越え、今SMAPという存在は、様々な意見、評価の中にあります。

彼らは先日、5人揃って謝罪のことばを口にし、頭を下げました。その場所はたった1年半前に肩を組んで互いを称えあい、友と再会し、「大好きで育ててもらった」と感謝した、テレビの中でした。

彼らが大切にし、ずっと守り育ててきたSMAP。

ファンがCDに託しているのはきっと正解でも謝罪要求でもない。遠くの誰かが見落とした、5人の男性が作り上げたものへの敬意と感謝、そして彼らがSMAPとして必死に生きてきた28年間の肯定です。

※元記事(一部再構成しています)
なぜ今もSMAPファンはCDを買い続けるのか」(小娘のつれづれ)

こちらの記事も読まれています

この記事を書いたユーザー

小娘 このユーザーの他の記事を見る

twitter→ @drifter_2181 / 1983年生まれ。北海道在住。2012年にブログ「小娘のつれづれ」をスタート、2014年からはフリーライターとしても活動。デビューから応援しているアイドルの再評価をきっかけに、新規 / ライトファンを意識したエンタメ記事を日々研究しています。

得意ジャンル
  • 音楽
  • 話題
  • テレビ
  • カルチャー
  • エンタメ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス