記事提供:しらべぇ

「お金も時間もない。でも、身体にいいものを食べたい…」

そんなときは、山形県の名物「ひっぱりうどん」がおすすめだ。

起源は江戸時代に遡り、県の中央部の村山市が発祥の地。茹でた麺を鍋からひっぱりあげ、タレにつけて食べたことに由来したといわれる。

「地方の名物」と聞くと調理が難しそうな印象を受けるかもしれないが、じつは簡単な料理も多い。今回は、その「ひっぱりうどん」のレシピをご紹介しよう。

■材料には納豆、鯖缶、卵を用意!

【材料】
・サバの水煮缶詰
・納豆
・卵
・めんつゆ(または醤油)
・うどん

以上の材料が揃ったら、さっそく調理してみよう。

■うどんを茹で終えてから、たった30秒で完成!

調理の手順は超簡単!

①うどんを茹でる。

②用意した器にサバの水煮缶詰納豆を入れる。

③最後に、めんつゆを入れて混ぜ合わせタレをつくる(すべて、好みの分量で可)

なんと、これでもう完成。初めて「ひっぱりうどん」を見る人にとっては、一瞬「ギョッ」としてしまう見た目かも…?

■完成は驚きの見た目も…クセになる味!

混ぜ合わせただけの特製ダレに、茹でたうどんを絡めて…いざ実食!

用意した食材を混ぜ合わせただけだが、その味わいが妙にクセになる。

薬味には、長ネギや七味唐辛子などを使ってもいい。麺は基本的には乾麺のうどんを使うそうだが、そうめんを使うこともあるとか。

■タレは「今日、家にあるもので」が基本

今回、タレはオーソドックスな例を紹介したが、「今日、家にあるもの」が基本。材料も大根おろしに納豆とろろを加えてみるなど、家庭によってそれぞれだ。レパートリーを考え、さまざま試してみてほしい。

戦前・戦後の貧しかった時代にこの食べ方が生まれているだけに、お値段もリーズナブルにつくれる。現代もまた、食材によっては価格が高騰しているため、「ひっぱりうどん」の存在が改めて注目を集めているようだ。

身体によいものを美味しく、手頃な値段で食べられるのが、「ひっぱりうどん」の魅力と言えるだろう。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス