外は雪。今日みたいな寒い日にペットボトルの水を飲もうとしたら

出典 YouTube

一瞬で凍った!

氷点下の車内にあったボトルの水は、凍っているはずなのに、0度以下でも液体のまま。なぜでしょう?でも、蓋を開けて飲もうとすると一気に凍ってしまいました。なぜ?CG?魔法?

水の分子は液体の状態では自由に動き回っています。しかし、氷の状態では決まった位置に落ち着いて結晶化しています。

水が氷になるには、水の分子が「自由に動き回る状態」から「決まった位置に落ち着く状態」にならなければなりません。そのためには、氷の種となる微少な氷の結晶(氷核)が必要ですが、氷核ができるにはきっかけとなるわずかなエネルギーが必要になるのです。

ところがゆっくり均一に冷やされると、このエネルギーが得られなくなり、条件によっては-10℃以下でも凍らない場合があります。物質が液体から固体に変わる温度(凝固点)以下の温度でも液体のままでいる状態を過冷却といいます。

この過冷却の水に衝撃を与えたり氷のかけらを入れたりすると、一瞬にして氷に変わるのです。

出典 http://site.ngk.co.jp

なるほど~~

実験動画でごらんください。

おお!

出典 YouTube

わかりやすいですね。


出典 YouTube

これもやってみると面白そう。

子供達と一緒に、ぜひ実験してみましょう。

この記事を書いたユーザー

LittleD このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。テキサス州在住。料理研究家でフリーランスのコラムニスト

得意ジャンル
  • 話題
  • 動物
  • グルメ
  • 育児
  • 料理
  • 暮らし
  • カルチャー
  • 感動
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス