記事提供:NICOLY

一重まぶただと、ついついアイメイクを濃くしてしまいがち。でも、一重まぶたの人にぴったりなナチュラルメイクの方法があるんです。一重まぶたさん用のナチュラルアイメイクで、清楚でぱっちりした印象の目元を手に入れましょう。また、一重まぶたの芸能人風メイクも紹介。自分の素顔を生かせるメイク方法を探してみましょう♡

今はナチュラルメイク全盛期!

あえてアイメイクを控えめにすると、清楚であどけない雰囲気を演出してくれます。

でも、一重まぶただと目が小さく見えてしまいがちで、がっつりアイメイクをしたくなってしまうもの。

ナチュラルメイクをしたいけれど、一重まぶただから、アイメイクを薄くするのには抵抗がある……そんな人も多いのではないでしょうか。

でも、大丈夫♡ 実は、一重まぶたさんにぴったりの ナチュラルメイクがあるんです

一重まぶたさん用ナチュラルメイクのコツ

一重まぶたのナチュラルメイクは、アイシャドウとマスカラの使い方がポイント。

メイク方法を工夫すれば、一重まぶたさんだってアイライン要らずでデカ目になれちゃいます。

■アイシャドウは中間色を上手く使おう

アイシャドウは目のキワから順に「濃い色 → 中間色 → 薄い色」、とグラデーションにしていくと自然なデカ目が作れます。

一重まぶたさんに似合うグラデーションのポイントは、中間色を、目を開けたときに隠れてしまう部分より少し上までのせること

特に、目尻から黒目の上あたりまで濃い色をグラデーション使いすることで、立体的な目元になります。

■ばっちりまつ毛でアイラインいらず!

また、まつ毛をしっかりとカールさせることで目を大きくぱっちりと見せます。マスカラを1本1本丁寧に伸ばせば、アイラインいらずの明るい目元に。

隠しラインでさらに目力ゲット♥

でも、アイラインなしのナチュラルメイクでは物足りなく感じる人もいるかもしれません。

「アイラインを引かないと目力が無くなる気がする……」

そんなときには、ペンシルタイプのアイライナーで隠しラインを入れるのがおすすめ

■「隠しライン」って?

隠しラインとは、まつ毛の生えぎわギリギリを塗りつぶすように描くラインのこと

隠しラインなら、アイラインをしっかり引いている印象がないのに、目力アップが狙えちゃうんです。

■隠しラインの入れ方

隠しラインの入れ方の手順は……

1. ビューラーでまつ毛を上げる

まつ毛が下がっていると、隠しラインを引きにくくなってしまいます。

まつ毛をカールさせるというより、上へ上へ持ち上げる意識でやると◎。

2. 隠しラインを入れる

まぶたを持ち上げ、まつげの隙間をアイラインで埋めていきます。このとき、目のキワぎりぎりを埋めていくのがポイント。

目尻側からやるとナチュラル度がアップします。

また、目頭までがっつり埋めると「メイクしてます!」感が出てしまうので、よりナチュラルに仕上げるなら黒目あたりでストップしましょう。

芸能人風メイクをしてみよう

実は芸能人にも一重まぶたの女性は多いんです。彼女たちは無理に二重にしようとするのではなく、一重を生かしたメイクをしています。お手本にしてみましょう♡

■セクシーな目元の黒木メイサさん風美人メイク

黒木メイサさんといえば、さらさらの黒髪にセクシーな目元が印象的。クールビューティといえば、彼女の顔を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

黒木メイサさん風メイクは、長めに描いた目尻をちょっと跳ね上げる「ネコ目メイク」

アイラインは、つり目気味にしたいので、黒のリキッドライナーで思い切って目尻をハネ上げます。まつげ1本分はみ出す気持ちで描くと上手くいくかも。

アイシャドウは濃いブラウンやグレーがおすすめ。 目尻が少し高くなるように、横長を意識して入れていきましょう。

■アジアンビューティーな冨永愛さん風美人メイク

冨永愛さんといえば抜群のスタイルと涼しげな目元が印象的な、アジアンビューティの代表格。

そんな冨永愛さん風の目元を目指すなら、アイシャドウにこだわってみましょう。

アイシャドウ選びのポイントは、瞳と髪の色にテイストを合わせること

髪や瞳が黒ならアイシャドウはブルーやパープル系。茶色なら、アイシャドウはブラウンにすると良いです。

また、アイラインは目をぱっちり見せるために太めがおすすめ。太いラインに抵抗がある人は、茶色のペンシルタイプを使うと自然な仕上がりになります。

■ナチュラル美人になれる、吉高由里子さん風美人メイク

吉高由里子さんといえば、ナチュラルメイクの美人女優。彼女のメイクの魅力は、なんといっても素顔を生かしていること

ファンデーションは薄く、BBクリームをさっと塗る程度でOK。

アイシャドウは、まず明るいベースをアイホール全体にのせましょう。

次にまぶたのキワに、マットなブラウンシャドウをのせます。幅を広く塗るとパンダ目になってしまうので、あくまでキワにのせる程度。指で軽くまぶたを持ち上げると上手くいきます。

アイライナーは極細のリキッドアイライナーでくっきりと縁取って、最後にしっかりとまつげをビューラーで上げます。

まつ毛は目のフレームを大きく見せてくれるので、まつ毛が下がりがちな一重さんは、根元から持ち上げてカールをつけてください。

マスカラを塗ったあと、ホットビューラーでさらにカールを記憶させるとデカ目効果アップ。

一重を生かしたメイクを楽しもう

二重まぶたに憧れる人も多いですが、一重まぶたを生かすのもありだと思います

アイプチやメザイクをいったん手放して、素顔を生かしたメイクに挑戦してみてください。

「今日は黒木メイサさん風、明日は吉高ちゃん風……」なんて、日によってメイクを変えてみるのも楽しそうです。

written by かよちゃん

この記事を書いたユーザー

NICOLY:) [ニコリー] このユーザーの他の記事を見る

ダイエット、肌のトラブル、バストアップ、整形、妊活、脱毛、などなど・・、コンプレックスを解決するための治療法や体験談を毎日紹介。医師が監修しているから安心。コンプレックスで悩んでいる人を笑

得意ジャンル
  • ライフハック
  • 暮らし
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス