出典 http://www.fujitv.co.jp

フジテレビの人気時代劇「大奥」が沢尻エリカさん主演で、2週連続ドラマとして11年ぶりに復活します!

今回の大奥で描かれるのは、11代家斉の時代。しかし、徳川家でメジャーな人物であるとは言い難く、知らない方がほとんどではないでしょうか。

そこでドラマを120%楽しめるように、家斉と彼を取り巻いていた状況を紹介したいと思います。

11代家斉ってどんな人?

出典 https://www.youtube.com

成宮寛貴さん演じる11代将軍・家斉。彼は、元々御三卿・一橋家に生まれたため、行く行くは一橋家の三代目当主になると思われていました。(わかりやすく言うと8代将軍・吉宗の曾孫に当たります。)

ですから将軍就任というのは、まさに想定外!どんな経緯で将軍になったのかというと…

十代将軍・家治の息子・家基(いえもと)が急死したとき、他に適当な男子がいなかったため、あれよあれよという間に次の将軍候補として家治の養子にされてしまったのです。

そして家治自身もまたその七年後に急死してしまい、家斉は15歳で将軍になりました。

出典 http://news.livedoor.com

家斉の再従兄弟であり、次期将軍が確定していた家基が18歳の若さで亡くなってしまったのです。家基は当時独身でしたし、きょうだいも姉のみ…そこで白羽の矢が立ったのが血筋の近い家斉でした。

将軍就任→歴代将軍最大のハーレム構築

出典 https://www.youtube.com

家斉の最大の特徴は、歴代将軍の中で最も多くの子女をもうけたことです。その数なんと53人…。ビッグダディが霞んで見えます。

側室も記録に残っているだけで16人…あくまでも「記録に残っている」人数なので本当のところはもっといたのかもしれません。

この徳川家始まって以来の最大規模ハーレムを構築したことで、後年財政は逼迫していきます。

いくら将軍でも女好きが過ぎる…そんな家斉にも正室はちゃんといました。一体誰なのかというと…

正室は大河ドラマで有名になった「篤姫」の大叔母

出典 https://www.youtube.com

光浦靖子さんが演じる家斉の正室・近衛寔子(ただこ)は、元々は島津藩の出身でNHK大河ドラマで有名になった「篤姫」の大叔母に当たる人です。

彼女は3歳で家斉と婚約し、一橋家で「御縁女様」と呼ばれながら将来の嫁として、家斉と一緒に育てられていました。謂わば二人は婚約者でありながら、幼馴染に近い関係だったのではないでしょうか。

では、なぜ島津姓から近衛姓に変わったのか…それは将軍の正室になるための“条件”があったからです。

正室近衛寔子は父薩摩藩主の島津重豪の娘茂子ですが将軍家では三代家光いらい正室は朝廷、公家から迎える慣わしとなった。

たとえ大大名でも徳川将軍家とは家柄が不釣合いなので今回も近衛家の養女としてから迎えた。

出典 http://www.kyubunhp.sakura.ne.jp

当初“一橋家”に嫁ぐ予定だった寔子ですが、家斉が急遽次期将軍に指名されてしまったので、彼女の出自が問題になってしまったのです。島津家は大名家とはいえ外様…一橋家ではOKでも将軍家の嫁としては不適格なので、なんなら婚約破棄しろとまで言われました。

そこで“公家の娘”という条件をクリアするために、島津家と縁続きであり公家で最も家柄のいい近衛家の“養女”として家斉と結婚したのです。(※篤姫も13代将軍・家定と結婚する際に同じ方法で結婚しています。)

ある意味責任は取っていますが、将軍就任後の夫婦仲はお察しのとおり険悪なものになっていきます。

さて、今回の大奥で沢尻エリカさんが演じるのはなんと二役!22日放送の「最凶の女」では実在した側室・お美代の方、29日放送の「悲劇の姉妹」ではフィクション設定の側室・梅を演じます。

この二役の中で、お美代の方はどんな人物だったのでしょうか?

美貌を武器におねだり三昧

出典 https://www.youtube.com

今回のドラマと史実とでは、お美代の方の出自が異なるのですが、大奥に入ってからの動きは似ていました。

とにかく美人揃いの大奥の中でも、NO1の美貌を誇っていたため家斉の寵愛を一番受けた側室と言われています。相手は将軍です。叶えられないことなどないので、ここぞとばかりにお美代の方はこんなおねだりをしていました。

「ねぇー パパにお寺建てたげてー」と家斉におねだり。今ならマンションか高級車ですか?

とにかくその一言で建ったのが雑司が谷(今は目白)感応寺。なーんと敷地三万坪!の日蓮宗のお寺です。

出典 http://tukitodora.exblog.jp

お美代の方の実父は、史実では日啓という破戒僧です。おねだりの末、父親のために寺を建てさせ、さらに将軍家の祈祷所にしてしまいました。もちろん住職も父親です…。リストラされた父親のために、役職付きの会社を作ってもらったというと分かりやすいでしょうか。

お美代の方のおねだりはこれで終わりません。寵愛をフル活用して、犯罪まがいのこともしています。

孫息子を将軍にしようと画策!

出典 https://www.youtube.com

お美代の方は、最終的に三人の娘を出産しています。しかし大奥で勝ち組とされるのは、あくまでも男の子を産むことです。いくら家斉の寵愛を一番受けていても、男の子を生んでいない点において不利でした。家斉の隠居後は、他の側室が生んだ家慶が12代将軍になっていたからです。

そこで三人の娘の中で、加賀前田家に嫁いだ溶姫の息子・犬千代を将軍に据えようと、ありえない暴挙に出たのです。

父・家斉の死後、幕府への権力保持を狙った母・お美代の方によって長男の犬千代を将軍継嗣にする企みがあったが、これは広大院(家斉の正室)や水野忠邦、異母兄である将軍家慶をはじめとする幕府側によって阻止された。

出典 https://ja.wikipedia.org

諸説ありますが、後継ぎに指名してもらうには遺言書が必須です。どうしても孫息子を将軍にさせたいがために、遺言書を偽造したという説もありました。この動きに気付いた正室の寔子は表の老中と結託し、お美代の方を大奥から追い出しました。

最終的に溶姫の申し出により、前田家に引き取られたそうです。

おわりに

出典 https://www.youtube.com

あまり知られていない家斉…女好きでお金も浪費する将軍でしたが、今回の大奥でどのように描かれるのか期待が高まります。

豪華キャストで放送される「大奥」を是非ご覧下さい!

この記事を書いたユーザー

週休二日制 このユーザーの他の記事を見る

動物が大好き。会社員であり、流浪のライターとしても活動。
興味を持ったことを色々書いてみます。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス