記事提供:秒刊SUNDAY

日本の家は狭いというのがジンクスですがそれに伴い、さまざま場所が狭く感じられてしまいます。家が狭いと、それに応じて生活環境も狭く感じる。それは仕方ない摂理なのかもしれませんが、こちらの駐車場はそんな日本を象徴するかのようなものです。

神田にあるとある駐車場が海外で話題となっているのです。

問題の場所はこちらの駐車場。駐車場どこ?いえいえ、めのまえにありますがな。ということであの黄色い枠に囲まれた場所が駐車場です。

なんと収容台数1台!きっとこの土地の持ち主は土地を有効活用させるために駐車場として開放したのでしょうけど…というのが2010年のお話です。

さて実はこれから新たな展開がありました。この記事で話題になったからなのか、それとも何か別の要因があったのかこの駐車場、

なんと!2台置けるようになっております!しかも自動販売機も増加!

これは意外な展開!このままいけば10年後には4台になっているぞ!

―外国人の反応

・これ本当に駐車場なの?
・KANDAは高い
・15分100円か。
・Googleストリートビュー見つけました
・悲しくなりました。
・こんなんで金はらうのか、ばかばかしい
・クソワロタ
・小さな世界、小さな世界
・駐車場の自動販売機?なんじゃそりゃ
・え?バイク止めるのにお金かかるのか?
・自動販売機は日本に行けば何処にでもあるよ
・しかも空じゃないか
・地上の機械はどうやって使うんだ
・え?これ地下に駐車場があるんでしょ?動画で見た
・番号を入力して駐車するらしい
・勝手に駐車できるじゃん
・なんて恐ろしい駐車場だ
・マンハッタンよりやすい
・1日とめたら9600円だ!クソたけえ!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス