記事提供:カラパイア

孤児だった子猫が一時的に保護された家にはウサギのマーロウさん(オス)とメルバさん(メス)がいた。

ミアと名付けられたメスの子猫がこの家にやってきた瞬間、ミアに寄り添いその体をふわふわの毛で包み込んだのはマーロウさんだった。そしてメルバさんもやってきて、2匹でミアを包みこんでいった。

特にマーロウさんはミアにピーン!ときたのか、常にそばにいて守ろうとする。マーロウさんとカップルだったメルバさんがそこにくっついてくるもんだからまるでウサギの両親がいるみたい。

左側のグレイのウサギがメルバさん(メス)。真ん中がミア(メス)で右の白いウサギがマーロウさん(オス)。

毛玉3つのほんわか家族!

メルバさんとマーロウさんがお昼寝中、入れて入れてと真ん中に入ってくるミア。

藁を敷いたウサギの寝床もお気に入り。

特別な絆で結ばれたウサギたちとミアはすっかり離れられなくなってしまった。そこで飼い主は、ミアさんを引き取ることを決意!それからずっと仲良しで、こんなに大きくなりました。

ミアは自分のこと、ウサギだと思っているフシがあるという。

出典 https://www.flickr.com

動画はFlickrで見ることができる。

実はこの家では、他にも猫たちがたくさんいる。飼われている猫もいれば、一時的に保護している猫もいるようで、どの猫たちもウサギたちが大好きなんだそうだ。

そんな猫とウサギの優しい世界は「~Liz」さんのFlickr写真アルバムで見ることができるよ。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス