出典 http://www.amazon.co.jp

記事提供:TOCANA

出版社・三才ブックスから『バイコヌール宇宙基地の廃墟』(同)が発売された。

この本を手がけたのは、今までは有名観光スポットを巡るだけでは物足りない方へ贈る異色の国内不思議スポットガイドである、日本の《異空間》探険マガジン『ワンダーJAPAN』の編集長を務めている関口勇氏だ。

今回は『バイコヌール宇宙基地の廃墟』に掲載されている写真の一部を編集された関口氏のインタビューとともにお届けする。

だが、ここで紹介させていただくのは、朽ち果てた宇宙基地のほんの一端でしかない。

技術の粋を尽くしきったはずだった最先端技術でさえも、時が経てば“廃墟”へと変貌してしまう。この世の儚さにも似た一風景を見つつアナタは何を思うのだろう。

(C)Ralph Mirebs(ラルフ・ミレーブズ)

――本書の構想はいつごろから、どのようなきっかけでつくることになったのでしょうか?

関口勇氏(以下、関口氏):2015年初夏ぐらいにネットのニュース(CNNほか)で、「廃墟となったソ連版スペースシャトルが発見された!」と報じられているのを見て、すごくカッコイイと感じたんです。

それで、なんとか撮影したロシア人に連絡が取れないかと奔走したところ、このロシア人が昔日本に住んでいて、『ワンダーJAPAN』で執筆されている週末探検隊と親しいということが判明し、連絡先を教えてもらえ、出版にこぎ着けました。

彼は日本の廃墟が大好きで、日本語もカタコトですができるため、メールでやりとりしてます。

(C)Ralph Mirebs(ラルフ・ミレーブズ)

(C)Ralph Mirebs(ラルフ・ミレーブズ)

――最も気に入っている写真を数点、理由とともに教えてください。

関口氏
:やはり表紙に使ったブランの実機とフルスケールモデルが2機並ぶ姿は圧巻です。また、少し下から見上げたブランのカッコよさはたまらないものがあります。

巨大格納庫のスペクタクルな様も、膨大な予算をつぎ込んだ片鱗が伺えます。ロケットの「エネルギアM」は、何も知らない古代の人がこれを見たら、きっと「神」と感じたのではないかというほど、神秘的な佇まいです。

古代の日本人が、三角形の美しい山を「神奈備(かんなび)」として崇めたように…。

(C)Ralph Mirebs(ラルフ・ミレーブズ)

(C)Ralph Mirebs(ラルフ・ミレーブズ)

――どのような人に手にとってもらいたいのでしょうか?

関口氏
:まず、廃墟ファンにはもちろんオススメします。いわゆる「飛行機の墓場」というのはアメリカにありますが、宇宙船の墓場、宇宙船の廃墟というのは世界でも類を見ないものではないでしょうか。

そして、宇宙船好き、謎に包まれたソ連の宇宙開発に興味ある方、さらに巨大な格納庫の様子は工場萌え・工場好きな方にもぜひオススメしたいです。

スター・ウォーズ』の新作映画が公開されていますが、シャトルは「リアルスター・ウォーズ」とでも呼びたいぐらいなので、スター・ウォーズファンにもぜひ見てもらいたいです。

(C)Ralph Mirebs(ラルフ・ミレーブズ)

(C)Ralph Mirebs(ラルフ・ミレーブズ)

――また、アピールポイントがありましたら教えて下さい。

関口氏
:ソ連版スペースシャトル「ブラン」の1号機は、格納庫ごと崩壊しています。本書で紹介しているブラン「1.02」は計画中止で製作を放棄されたものの、9割方完成した、当時のソ連の宇宙開発を知る貴重な資料でもあります。

また、ブラン「1.02」の前にもう1機ある機体は、テスト用のフルスケールモデルです。

この2機が並ぶ姿は圧巻です!さらに、「エネルギアM」という打ち上げロケットも格納庫に入ったまま廃墟と化してますが、こちらも神々しいぐらいに神秘的な様相となっています。

(C)Ralph Mirebs(ラルフ・ミレーブズ)

――読者に一言メッセージをお願いします。

関口氏
:国王が入れ込んで国が傾くほど美しい女性を「傾城」と言いますが、旧ソ連にとっては国が傾くほど入れ込んだのは軍備増強です。

そして軍備増強と密接な関わりがあったのが宇宙開発です。膨大な予算をつぎ込んで造られながら、ソ連崩壊で見捨てられた有翼の宇宙船とロケットの、物悲しくも美しい姿をぜひご覧いただけるとうれしいです。

米国は戦略防衛構想、いわゆる「スターウォーズ計画」でスペースシャトルを開発していきました。ソ連も対抗して、似て非なる宇宙船を建造していたのですが、ソ連版シャトルもやはり『スター・ウォーズ』を彷彿とさせるものがあります。

見てワクワクする写真集となっています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス