職業そのものがブランド化している「女子アナ」。テレビ局によってお気に入りのアナウンサーがいる、という方もいらっしゃるのでは?

ただニュースや台本を読むだけではなく、アナウンサー自身の個性を発揮することが求められる現代において、特に高い人気を誇るのがこの二人です。

日本テレビ 水ト麻美

出典 http://www.jukushin.com

「ミトちゃん」の愛称で親しまれる水ト(みうら)アナは、あのマツコ・デラックスさんが「非の打ち所がない」とまで評した逸材。オリコンによる「好きな女性アナウンサーランキング」で昨年1位に輝きました。

ほんわかしたキャラクターは元より、なんでも美味しそうに食べる姿に好感を持つ人も少なくありません。バラエティ番組でも的確な返しをすることで有名です。

フジテレビ 加藤綾子

出典 http://www.oricon.co.jp

フジテレビのエース的存在の加藤アナは、報道からバラエティまで幅広くこなすアナウンサーとして有名です。何度もフリー転身を噂されたことで、ついに昨年はフジテレビの亀山社長が直々に否定する事態も起きました。

もうフリーになることはないのだろう、と誰もが思った矢先のこと…4月でフジテレビを退社、今後はフリーに転身することが発表されたのです。社長の否定とは一体…。

さて、現在この二人が女子アナ界の双璧と言われる存在なのですが、近年入社したアナウンサーの中にも、将来ブレイクしそうな人材がたくさんいるのです。

そこで今回は、注目したい次世代の女子アナを紹介したいと思います。

日本テレビ 笹崎里菜

出典 http://www.ntv.co.jp

内定をもらった後に過去のホステスバイトが発覚し、内定が取り消され、内定取り消しについて日本テレビと裁判、和解の末に入社したという経歴の持ち主である笹崎里菜アナ。一連の騒動のせいか、入社前から高い知名度を誇っていました。

同局の番組「しゃべくり007」に出演すると、芸人の有吉弘行さんに“あだ名”の命名を依頼し、「腫れ物」と命名されることに…。

しかし、自ら率先して「腫れ物アナウンサーです」と名乗り、スタジオを爆笑の渦に巻き込んだのです。この潔さが好感を持たれる理由なのかもしれません。

本人のTwitterでも多くの反響があったことを明かしています。

TBS 宇垣美里

出典 https://scontent-nrt1-1.xx.fbcdn.net

若手女子アナの中ではNo1とも言われる美貌宇垣美里アナ。同志社大学出身であり、同校の2011年ミスコン覇者でもあります。とにかくルックスが高く評価されていますが、趣味や特技は幅広いジャンルをカバーしていました。

趣味:音楽・映画・舞台・アニメ鑑賞、読書、茶道、乗馬、旅行

特技:SAX・ピアノ演奏 速読 着付け

好きな音楽:邦ロック クラシック

出典 http://www.tbs.co.jp

エンタメ鑑賞から茶道、乗馬までこなし、好きな音楽に至ってはロックとクラシックをいう相反するものを好んでいます。オールジャンルをカバーする守備範囲の広さに脱帽です。

現在担当している番組は、「あさチャン!」、「炎の体育会TV」、「SUPER SOCCER」ということですが、中でも「あさチャン!」は朝の顔となる番組。期待値が高いアナウンサーであることが窺い知れます。

テレビ朝日 弘中綾香

出典 https://twitter.com

「テレ朝のぱるる」という異名を持つ弘中綾香アナは、音楽番組「ミュージックステーション」を担当しています。実は、NMB48の渡辺美優紀さんと公私ともに仲が良いそうで、きっかけについて次のように語っていました。

「ミュージックステーション」で何度か共演していたんですが、ある日突然、みるきー(渡辺)が楽屋に来てくれたんです。

「連絡先教えてください」ってナンパされちゃいました。そこからスタッフさんと一緒にごはんに行くようになって、いまではふたりで遊びに行ったりしますね。

出典 https://logirl.favclip.com

渡辺さんは以前から弘中アナの“ファン”だったそうで、意を決して楽屋を訪ねたとのこと。しかし、弘中アナもまたアイドル好きということで、意気投合したようです。

現在はミュージックステーションのみの担当ですが、今後エンタメ関連の番組を担当する可能性は大いにあるのではないでしょうか。

フジテレビ 三上真奈

出典 https://twitter.com

「ミカパン」の愛称を持つ三上真奈アナは、元々フリーアナウンサーとして活動した経験を持ちながらフジテレビに入社、という異色の経歴の持ち主です。新卒ながら経験もある、というのが強みなのではないでしょうか。そんな三上アナが一躍注目されたのは昨年のこと。

Licensed by gettyimages ®

レギュラーを担当する「めざましテレビ」の中で、西野カナさんの楽曲を紹介する際に三上アナが自ら歌ったところ…極度の音痴が発覚したのです。

あまりにも個性的すぎる歌声に批判もあったようですが、当時のTwitterには個性として好意的に捉える視聴者の声も多く見られました。

絶賛ループ中。

応援するファンもいるのです。中毒性高めな歌声は個性と言えましょう。

27時間テレビではバンジージャンプにも挑んだ三上アナ、今年はどんな活躍を見せるのか楽しみです。

普段見かけても気にしていなかった方、是非番組で彼女達を見かけたら注目してみて下さい。新たな魅力が発見できるかもしれませんね。

この記事を書いたユーザー

週休二日制 このユーザーの他の記事を見る

動物が大好き。会社員であり、流浪のライターとしても活動。
興味を持ったことを色々書いてみます。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス