記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
子どもの頃に、冬のしもやけがかゆくて困った…なんて思い出のある人もいるのでは?
しもやけは大人より子どもの方がなりやすいといわれています。なぜでしょうか? 今回は「子どものしもやけ」について医師に聞いてみました。

どうしてしもやけになるの?

Licensed by gettyimages ®

しもやけは
1.寒さや冷えによって、血液がうまく循環しなくなる
2.体の末梢部分(手足の指や耳)へ栄養が届かなくなる
3.うっ血や炎症が起きる
ということによってできるといわれています。

子どもはしもやけになりやすい理由は?

Licensed by gettyimages ®

【子どもがしもやけになりやすい理由】
・背が低いので地面に近く、外気の影響を受けやすい
・体温を調節する機能が整っておらず、体が冷えやすい
・免疫力が低い
・経験値が低く、自己調整しにくい

さらに子どもは冬でも外遊びをして、冬でも汗ばんだり、手足が蒸れたりします。この状態で寒いところにいると末梢の血行が悪くなり、手足がしもやけになりやすくなります。

できやすい場所と症状は?

Licensed by gettyimages ®

【できやすい場所】
1.地面から近く最も冷えやすい、足の指
2.続いて、手の指や耳の先など

【症状】
・赤くなったり、紫色になる
・湿疹様になることもある
・かゆみが出る

とくに、子どもはかゆさを我慢できず、よくかくようになります。しもやけがひどいと、かゆくて眠りにくくなったりすることもあるようです。

しもやけを防ぐために気をつけたいこと

Licensed by gettyimages ®

・冬でも汗をかいたりしたらしっかり拭き、靴下を変える
・冷えないように、手袋や厚手の靴下を履かせる

また、子どもの場合は、夏と冬の靴が同じであること多いですが、ブーツなど冬用のあたたかい靴を履くようにすることも効果的です。

≪自覚がないだけで、実は内臓が冷えているかも...≫
1分で簡単チェック【かくれ冷え性度】を診断してみる

【医師からのアドバイス】

しもやけ改善には、以下のことを試してみてください
・お風呂は湯船につかり、しっかり末梢まであたためて血行をうながす
・ビタミンEを含有した軟膏薬などを塗布

それでもあまり改善せず、症状がつらいときは病院で受診しましょう。

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス