2歳で全盲になった少年

目を閉じて少し歩いてみる。それだけでも私たちは目の前に何か壁があるように感じ、足がすくんでしまいますよね。私たちにとって光を失うということは、想像もできない世界です。今回、紹介する少年はわずか2歳の時に、ある利用で目から光を失ってしまいました。それは…

両岸性網膜芽細胞腫という「目のガン」

出典 https://www.youtube.com

この男の子は、1歳半の時にがんに侵され、両目の摘出を余儀なくされました。そのため、2歳の時にはもう何も見えない状態になっていたのです。何も見えないなか、4歳になったその年にあるものと出会うのです。

それが、ドラムとの出会いでした。

出典 https://www.youtube.com

視覚のきかない世界で頼りになるのは聴覚や触覚、その中で新しい世界に出会ったのだとか…。そんな、男の子の当時5歳のドラムの演奏がコチラ、曲は「銀河鉄道999」です。

5歳児 全盲の天才ドラマー

出典 YouTube

5歳とは思えないそのスティックさばきにくわえ、これで目が見えていないというから驚きです。失ったものもあるけれど、それによって得たものもあるのだと感じさせてくれます。

動画には多くのコメントが寄せられました。

”魂の演奏をありがとうございます!!”
”ドラムを叩く一途な気持ちがひしひと伝わってきて自然と涙が出てくる。”
”凄く勇気をいただきました。このドラミングのように強くたくましく頑張って下さい!”
”がんばれ!すごい頑張ろうという気持ちが湧き出てきました!”
”目が見えなくても何でも出来る事を教えてもらいました。”

出典 https://www.youtube.com

多くの応援や勇気づけられたというコメントが寄せられていました。

新しい世界に出会った喜びを表現しているようにも聞こえる彼のドラム、私自身彼の演奏を聴いて「よりいっそう頑張らないといけない。」と思ったと同時に「頑張ろう。」という元気ももらいました。ありがとうございます。

そんな彼は現在…

今、彼は8歳に。

出典 https://www.youtube.com

その後も腕を磨き続け、今ではスタジオなどで本物のドラムで練習を重ねているようです。力強いドラムは変わることなく、その中に上手さも感じるようになってきました。

8歳になった今も変わることなく心に響くドラムを叩き続ける彼の演奏をどうぞお聴きください。曲はQUEENの『I Was Born To Love You』です。

出典 YouTube

※音が割れているので、音量に気をつけてお聞きください。

この記事を書いたユーザー

MIRUYO編集部 このユーザーの他の記事を見る

話題のオモシロ動画まとめアプリ「MIRUYO」の編集部。

アプリでは人気の動画を毎日100本以上配信しています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス