最近CMでよく耳にする電力自由化
電気と言えば【東京電力】【関西電力】【九州電力】など、ご当地ごとに”ココ!!”っていう電力会社があったのに、なんだか色んな会社がCMしてるなぁ…で、どうなるのよ?
っていういまいちパッとこなくてどう動いたらいいのかわからないというのが、私の正直すぎる感想。

しかし、『えーパッとしないけど、まだまだ決めなくていいんでしょ~?』なんて言ってられないほど、選択の日は近づいてるようですね…

これまで、一般家庭など低圧で電気の供給を受ける場合、契約できる電力会社は地域ごとに決められていました。
しかし、2016年4月からはじまる電力自由化によって、
一般家庭でも、複数の電力会社から選べるようになります。

これからは、いままでの電力会社を選ぶことも、それ以外の小売電気事業者(新電力)を選ぶこともできるようになります。なお、高圧で電気の供給を受ける工場やオフィスビルなどは、すでに電力自由化がはじまっており、新電力から電気を購入することができます。

出典 http://www.tepco.co.jp

[東京電力株式会社]ホームページより引用

そもそも”電力自由化”って、いつから始まる?えっ?もう始まってるの?!

日本の電力の供給は「電気事業法」という法律の元に、各地域の電力会社による小売供給として地域独占されてきました。

しかし、利用者であり消費者である私達が、それぞれの需要と条件に合った電気を選べることの必要性が見つめなおされ、2000年から始められているのが“電力自由化”の取り組みです。

ちなみに、実は現状販売されている6割もの電力が、既に“自由化”されているんですって!!現在自由化が進んでいるのは、[高圧]に分類されている電力。
つまり企業や工場などで使う大口の電力は、2000年3月から順次自由化へと移行されているんです。

そして2016年4月1日、一般家庭や商店の電力供給においても”電力自由化”が適用され、私達は自分に合った電力供給サービスを選べるようになります。

気になるのはコレ!ズバリ、本当にお得になるの?

結論から言います。それは…
あなた次第です!!!!

いやいや、そんなのわかってるよ~と言われたらおしまいなのですが、本当にそうなんです。
というのも、大規模のマンションの場合、すでに一括受電をしているケースも少なくないため、電力自由化によって電気料金が安くなる可能性は少ないとも言います。そのため、マンション住まいの方は現状の電力事情を調べてから、電力自由化を検討してみてもいいかもしれませんね。


また電力自由化がされたからといって、電力の値段自体が大幅にさがるという改正ではないというのも”あなた次第”の理由の一つ。
いわば電力自由化とは、既存の電力供給会社を含め電力分野に新規参入の企業を交えての”競争=お客の取り合い”がはじまるということ。そうなると自然に価格競争もはじまりますよね。でも料金だけでいうと大幅な価格の差はないよう。ならば何でお得になるの?

注目すべきは”セット割”です!
例えばドコモ・au・ソフトバンクなどの通信大手3社の参入がまさにソレ。

携帯電話料金やインターネット料金とセットで電力供給を申し込むことで、お得度がぐっと増します!

◆ドコモ

ホームページではまだ情報が掲載されていません。
しかし中部電力との提携により、ドコモポイントが溜まるようになる予定だとか。
その他の動きにも今後ぜひ注目したいところ。

◆au(KDDI)

詳細はまだ発表されていませんが、セット割の存在があることは[auでんき]の公式ページで紹介されています。

auスマホなど + auでんき = セットでおトク!

出典 http://www.au.kddi.com

[KDDI株式会社]auでんき 公式サイトより引用

スマートフォンやパソコンから電気使用量を確認できる便利なサービスも始まるそう。
省エネ対策として期待◎!自ら電気代節約に取り組めそうですね。

◆ソフトバンク

でんきをたくさん使うほどおトク!
(2年間)約12,000円おトク!

出典 http://www.softbank.jp

[ソフトバンク株式会社] ソフトバンクでんき 公式サイトより引用

電気の使用量が少ない月は、Tポイントやスマホのデータ容量として還元されるというお得情報も!!

またスマホ・ネット・電気をまとめる[おうち割]では、家族3人で毎月6,300円引きにもなると言います。

また東京ガスも同じように、ガスと電気のセット割でお得に!!どちらも欠かせないライフラインなので、この2つがセット割対象になるのはうれしい限り。

東京ガスのガスと電気を両方ご契約のお客さまは、「ガス・電気セット割」で
電気料金の基本料金が年間3,000円(ひと月250円)割引になります。

東京ガスの電気とガスをセットで契約すると、電気代が年間約4,000~5,000円おトク!

出典 https://request.tokyo-gas.co.jp

[東京ガス株式会社]ホームページより引用

次にCMでも目立っているのが、ENEOSでんき
この会社の場合は、
・ENEOSカードで支払うと、ガソリン・灯油・軽油代がキャッシュバック
・Tポイントが貯まる

などのお得な仕組みがあるよう。
車の利用が多い人やTポイント愛用者には、見逃せないお得情報ですよね!

すでに申込は始まっている!まずはチェックから

電力自由化のスタートは2016年4月1日からですが、2016年1月から事前申し込みがはじまる企業も!とはいえ、別に加入人数に限りがあるわけではないので、特段急ぐ必要もないのでは?

それよりも大切なのは、需要にあったプランのある会社を選ぶということなのではないでしょうか。

2015年12月28日時点では、119社もの企業が小売電気事業者に登録されていると言われるほど、その”選択肢”の数も選びきれないほど。もちろんこの119社すべてがあなたの地域での電気供給対象となるわけではないのですが、まずは自分の地域ではどんな選択肢があるのかということからチェックしてみてはいかがでしょうか?

また各社のサイトや価格.comなどでも、現状の電気使用状況やライフスタイルからシミュレーションできるシステムもあるようですので、こちらもぜひ一度チェックしてみてくださいね!

電力自由化って?[東京ガス]

出典 YouTube

この記事を書いたユーザー

たかお みきよ このユーザーの他の記事を見る

旅・美容・店舗や会社のPRなど、幅広いジャンルにてフリーライターとして活動中!!大事にしているのは〔言葉〕です。

皆さんのライフスタイルのヒントとなるような、心にとどまる記事を書いていきたいと思います♪

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス