日曜はバレンタインデー♪

出典 http://favim.com

筆者の住むイギリスでは、ほんの少し前まではバレンタインデーは男性から女性へプレゼントを渡す日として知られていました。今はお互いの愛を確かめ合う日として一般的になっています。

夫婦の時間を大切にするイギリスでは、バレンタインデーには、子供をベビーシッターに預けて二人っきりでロマンティックな時間を過ごすカップルも。レストランで美味しい食事をしたり一緒にコンサートに行ったり、パブで語り合ったり。

よくカップルでデートをするイギリス人ですが、バレンタインデーということでこの日もいつもよりちょっと特別な「デート」の日になるわけです。

プレゼントは?何がメイン?

出典 http://favim.com

少なくとも筆者が住んでいる20年程の間で、カップル間で欠かさず渡し合うのが「カード」。イギリスはカード大国ですから、どんな記念日にもカードのやり取りが一般的。特にバレンタインデーには、匿名にして女性にカードを届けるという習慣がイギリスにはあります。職場のアノ人からもらっちゃう可能性も大⁉

一般的に女性、男性両方送り合う場合が多いですが、特に男性はロマンティックに薔薇の花束と共に渡す人が多いようです。ん~素敵♡

デパートやショップにはもちろんバレンタインデー用のチョコが売っていますが、チョコメインでというわけではないのがイギリス。それに対し日本は「バレンタインデーにはチョコ」というイメージが定着していますよね。

そんな日本のバレンタインデーも近年、楽しみが多様化してきた様子。バレンタインデーに好きな人に告白するというのはもう古いようで、女子会や自分用にチョコを購入する人も多いのだとか。日本ホームパーティー協会さんのリサーチでは、興味深い結果が出ています。

日本も、今やバレンタインデーは欧米のように「お互いの愛を伝え合う」日としての認識が高まっている様子。そして日本の文化で欧米にはないのが「義理チョコ」。やはり33%以上の人がお世話になっている人に感謝の気持ちを込めて義理チョコを渡すケースが多いようです。

また、女子会、パーティーなど「楽しく過ごしたい」という人も増えています。バレンタインデーだからといって、恋人と二人っきりで過ごさなければならないということはないですものね。筆者のイギリス人の友人も、毎年バレンタインデーには友人を自宅に招いて、ワインとチーズ、チョコなどをつまみながら、まったり自宅エステを楽しんでいます。

ホワイトデーなるものも日本らしいなと。義理と情に厚い日本ならではの習慣ですね。昔はチョコのお返しにはクッキーでしたが、今は「お返しの方が高くついた」という男性もいるようで…。

それでももらって嫌な人はいない⁉

出典 https://www.atpress.ne.jp

義理であってもやっぱりもらえると嬉しいと思うのが男性。なんだか健気。バレンタインデーが近付くと、日本のデパートのチョコ売り場には豪華なチョコがたくさん並んで目移りしそうですよね。手作りもいいけれど、自分へのご褒美につい美味しいチョコを買ってしまいたくなります。

では、世界のバレンタインデーはどうなのか

出典 http://favim.com

イタリアでは元々バレンタインデーは「春のイベント」として楽しまれていたそう。現在では日本のように恋人同士はロマンチックにディナーという習慣もあり、愛する人に渡すチョコはその大きさや数、はたまた箱のデザインまでも重視されるのだとか。愛されてるほど豪華なチョコがもらえるっていうわけです。

サウジアラビアでは恐らく世界で唯一「バレンタインデー」が禁止されている国だとか。バレンタインデーが近付くと花屋などの店頭からは赤い色のものが撤去され、レストランでも男女別々に座ったりするそう。異教徒の祝祭として忌み嫌われているバレンタインデー。なんだかちょっと悲しいけど、それでも隠れてお祝いする人もいるんだそう。

エストニアではバレンタインデーは通称「友達の日」!恋人がいなくても大丈夫。この日はみんなで集まってワイワイ騒ぐ日だそう。でも街にはもちろんバレンタインデー用のデコレーションもあり、なんと「Love Bus(ラブバス)」なるものも走っているそう。恋人がいない人が「ラブバス」に乗って運命の人に出会うなんてチャンスもあるそうです!

デンマークでは騙し手紙が!

出典 http://travelblog.viator.com

ヨーロッパの中でも、デンマークはバレンタインデーを祝う習慣が遅く、90年代に入ってから習慣づいたのだそう。最近では、恋人同士はスノードロップの花を交換し合うのがメインの習慣だそう。

更には騙し手紙なるものを男性から女性に渡す習慣もあるデンマーク。名前は匿名の「…」になっているために、差出人を突き止めた女性は「おめでとう!」ということで、その男性からイースターにプレゼントがもらえるんだとか。いいな!

韓国では日本と似たような習慣があるものの、お祝いする相手がいない人は「ブラックデー」ということで黒の服を着て黒いものを食べたり飲んだりするんだそう。また、フィリピンではこの日は政府が主催する合同結婚式が行われるんだとか。毎年人気が高まって何千組ものカップルが誕生しているとのこと。

南アフリカではバレンタインデーにはお祭りが開かれるそう。女性たちは好きな男性の名前をピンで袖に留めるという古い習慣があり、自分の名前を見つけた男性は、密かに誰から想われていたかがわかるというなんだか素敵な日になるのです。

どんな1日にしろ素敵な日になるといいですね!

出典 http://favim.com

多様化している日本のバレンタインデー。今は古いと言われても、好きな人に気持ちを伝えるも良し、女同士ワイワイ楽しく過ごすも良し、また大好きなチョコレートを「お疲れ、自分」で一人で堪能しても良し。色々な楽しみ方があるバレンタインデー、皆さんにとって素敵な日になるといいですね!

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス