これなにかわかりますか?

まるでオブジェのような完成度

実はこれ、欧米やパリなどの観光地で活用されているおしゃれな足場シートなんです。簡単に言うと、よくある工事現場や建築中の時にかかってるブルーや緑のシートです。

景観を配慮した元の建物そっくりの外観をプリントしたものや、建物全体を巨大なラッピング広告としての新商品のPRなど用途は多彩です。

出典 http://gogo-genbasheet.com

日本よ・・・頑張れ・・・。

出典 http://www.daikatsu.info

こちら、我が国日本の工事中であろう建物ですね。頑張れ日本!と言いたくなってしましますね。

ノートルダム寺院前の広場に面したパリ警察庁改修工事

一見遠目からみると溶け込みすぎてて工事してることがわかりずらいですよね。さすが海外は工事現場でもおしゃれですね。

工事現場は街並みの中に溶け込み、見事にカムフラージュされていて、景観への意識が日本とはまるで違います。
改築工事期間をうまく利用し、目立つ大きな広告としても足場シートを活用しています。

出典 http://kenplatz.nikkeibp.co.jp

パリのヴァンドーム広場に面した建物の大規模改築工事

ラスベガスのベネチアンホテルでの足場シート

ホテルが工事中でもここがホテルということが一目瞭然。かつデザインも細部までこだわって描かれています。

上部で行われていた増築工事の部分

こちらはホテル・インペリアル

養生シートですが、ご覧のように「従業員がヘルメットをかぶって、ユーモラスなポーズで登場する」というスタイルでした。「工事中ですが、ちゃんと営業していますよ」というメッセージなのでしょう

出典 http://wien.cocolog-nifty.com

オペラ座近くの建物の足場シート

カムフラージュした足場シートで工事現場を隠すだけでなく、このようなスマートフォンなどのブランド広告を大きく入れることで、工事自体を逆手にとった巨大広告としておしゃれ度がさらにアップ。

最後に・・・

欧米諸国では「Building Wrap」(建物を包む)というものがあるそうで、観光地等では、工事中であることがわからない程建物そっくりなイメージを印刷した足場シートでラッピングするという大胆でインパクトのあるおしゃれな足場シート。日本もこんなシートの工事現場があったらなんだかわくわくしそうですね。

この記事を書いたユーザー

りん5 このユーザーの他の記事を見る

やりたいように生きる♡ラインスタンプ販売中♡
副業でどこまで稼げるかを日々の出来事とあわせて綴っています。

グルメやレポートや旅行中心Diary
http://ameblo.jp/chou-chou77/

ダイエットや引き寄せなど興味があることにチャレンジDiary。
http://poporingo55.hatenablog.com/

得意ジャンル
  • インテリア
  • 話題
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス