記事提供:しらべぇ

もう正月も終わり、おせち料理の残りなどは食べ尽くしたという人が多いだろう。

だが、いつまでも残ってしまうのが『もち』である。もう醤油つけて海苔で巻くのは食べ飽きたし、どう処理したものか…。

と悩んでいると、宮城県出身の知人が「納豆もちで食えばいいんじゃね?常識っしょ!」と教えてくれた。

え、納豆でもち食うの!?いままでやったこと無かったと知人に語ると、宮城県ではもちに納豆は常識中の常識だと思っていたとのこと。

宮城県では納豆もちは非常にメジャーな食べ方で、関東では定番の磯辺焼きよりも人気が高いそうだ。ちなみに青森県出身の女性は知らなかったので、南東北でずば抜けて人気のある料理だと思われる。

■作り方は簡単

納豆の味付けは各家庭によりさまざまだというが、知人のイチオシは「納豆のタレ」、「醤油多め」、「ネギ」、「ショウガたっぷり」らしい。今回は言われた通りに作ってみることにした。

もちを焼いてから薬味を入れてまぜてある納豆へ投入!まぜまぜして食べてみると…これがめちゃうまーーーーい!想像できそうな味だが、想像以上に美味しかった!

まず納豆に粘り気があるので、もちによく絡んで味がしっかりのる。さらに薬味のショウガとネギが爽やかな風味をプラスしてくれ、いくらでも食べられる味わいだ。

■砂糖や大根おろしを加えてもうまい

そのほかにも砂糖を入れたり、大根おろしを入れておろし納豆もちにしたりとさまざまなバリエーションがあるとのこと。また、つきたてのもちで食べるとさらに風味が良くなるのだとか。

もしもちがまだ余っている家庭があったら、ぜひ納豆もちを試してみることをおススメする。南東北だけでなく、全国区になってもおかしくない絶品料理だ!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス