帝王切開の現状

厚生労働省の統計によると、帝王切開の件数は年々増加し、平成23年の調査ではその割合は19.2%であり、赤ちゃんの5人に1人が帝王切開で産まれてきている計算になります。

20年前と比較すると、約2倍に増加していることになり、今後も増える予測だそうです。

帝王切開は母親や赤ちゃんが安全に出産するために欠かせないものです
決して母親が楽をするためのものではありません。

自然分娩でも帝王切開でも、命がけで赤ちゃんを産むことに違いはありません
そして、帝王切開は陣痛と同じ、またはそれ以上に痛みを伴い、傷を残します。

ツイッターで話題になった「地獄絵図」のような偏見は、早く無くなってほしいと切に望みます。

帝王切開の方法

帝王切開には、大きく分けて二種類の切開法があります。

おへその下から恥骨に向かって縦に切る方法(縦切開)と、陰毛の上を横方向に切る方法(横切開)です。

それでは、それぞれのメリットとデメリットを考えてみましょう。


【縦切開法】
<メリット>
・お腹を開けやすく赤ちゃんを取り出しやすい
・術後の痛みも少なく、2回目以降の帝王切開もやりやすい
<デメリット>
ケロイドになりやすくキズあとが目立ってしまう

【横切開法】
<メリット>
・キズが陰毛や下着に隠れるのでキズあとが目立ちにくい
<デメリット>
・お腹を開けにくく赤ちゃんを取り出すのに時間がかかり、血腫などの合併症も起きやすい
術後の痛みも強く、2回目以降の帝王切開が難しくなることがある

以上の理由で、緊急で帝王切開を行う場合は【縦切開】が選択されるようですが、トラブルの可能性の低い予定帝王切開分娩の場合には、キズあとの目立たない【横切開】を選択されることが最近多くなっているそうです。

予定帝王切開で選べる場合は、見た目を取るか、痛みを取るかで悩ましいところです。

約3人に1人が帝王切開のキズあとに悩んでいる

日本医科大学のデータ(瘢痕・ケロイド治療ジャーナル.5:96-98、2007.)によると、同病院で帝王切開を受けた妊婦の30%にケロイドなどの目立つキズあとが確認され、その大半が痛みやかゆみなどの不快な症状が伴っていたそうです。

帝王切開後のキズあとを目立たなくする方法

キズをケロイドにしないためには、テーピングやスポンジによる圧迫固定などで出産直後から予防することが大切です。
しかし頭ではわかっていても、子育てに追われた忙しいお母さんにはなかなか難しいかもしれません。

「リザベン」というケロイドに効果があるという飲み薬は、帝王切開の傷には効果が薄いそうで、また「授乳中は避けるべき」との記載があるので注意が必要です。

ではケロイドになってしまった場合、どうしたら良いのでしょうか?

塗り薬
強めのステロイドを含む塗り薬はケロイドや肥厚性瘢痕に効果がありますが、盛り上がった帝王切開の傷跡には、かなり長期の使用が必要とのこと。
ステロイドなので、赤ちゃんの口に入るなどして影響がないかという不安感から躊躇してしまう方も多いそうです。
子育て後に治療を開始するとしても、その間は擦れて痛い、痒い、水着が着れないのも辛いですね。

注射薬
これもステロイドの注射ですが、ステロイドは塗り薬より飲み薬、飲み薬より注射薬と副作用が強くなるので、小さなケロイド・肥厚性瘢痕には適していますが、痛い上に、おへその辺りから恥骨にまで至る大きな帝王切開の傷跡の治療に対して適切なものではないそうです。
(ステロイド薬なので1回で使える量が決まっており、あまにも大きい傷だと、その量を超えてしまうため)

手術
キズあとがケロイド化したり、キズの部分がつっぱったり、痛みやかゆみがある場合、再手術という方法もあります。
『Z形成術』と呼ばれる、皮膚のコラーゲン線維の方向に沿ってZの文字のようにキズを縫っていく、美容外科や形成外科では基本中の基本の手術だそうです。

手術でどこまで綺麗になるの?

出典 http://www.gohongi-beauty.jp

2回の帝王切開を受けた45歳の女性の術例で、左が手術前、右が術後半年後の状態です。

この位のケロイドになると、薬やレーザーのみでは治療が不可能で、切る手術の適応になるそうです。

1回の手術でここまで綺麗になれば、残りの小さな傷はステロイドの局所注射で十分にカバーできるとか。

ただし、術後のケアもとても重要で、抜糸が終わったあと、キズに緊張がかからないようにテーピングをしたり、場合によってスポンジやサポーター、コルセットなどで圧迫固定といったケアを数ヶ月おこなったり、さらに必要があれば、飲み薬や貼り薬、局所注射などを併用しながら、よりきれいなキズあとに仕上げる場合もあるようです。

キズは女の勲章?

帝王切開は母親や赤ちゃんが安全に出産できるための大切な手段です。
しかし、それによってキズあとが残ってしまうのは、女性にとっては大問題です。

「帝王切開のキズは女の勲章」と言う人もいますが、それによって痛みやかゆみなどで日常生活に支障が出たり、プールや温泉などの外出を楽しめなくなってしまうのであれば本末転等ですよね。

ただでさえ体に負担のかかる帝王切開ですが、キズをきれいに治す方法もあると知っておくと、安心して痛みの少ない【縦切開法】を選択できるかもしれません。

キズあとが気になる方はこうした形成手術を、出産と子育ての自分へのご褒美に、男性はパートナーや母親への労いのプレゼントにしても素敵ですね。

これから帝王切開を受けられる方へ、母子ともに健やかな出産になりますよう、心よりお祈りしています。
そして、どうぞご無理をせず、出産後はゆっくりと安静に過ごされますように・・・。


こちらも合わせてどうぞ

この記事を書いたユーザー

溜島匠子 このユーザーの他の記事を見る

公式ライター。好奇心旺盛で、調べるのとインタビューが大好きです。取りあげてほしい面白い商品やサービスなどありましたら、気軽にお知らせ頂けたら嬉しいです。
宛先はtameshima55☆gmail.com(☆→@)です。

得意ジャンル
  • マネー
  • グルメ
  • 料理
  • 暮らし
  • 恋愛
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス