”すあま”という和菓子を知っているでしょうか?私は関東出身なので小さい頃から、お茶請けとして馴染みのある餅菓子なのです。ところが、意外なことに、関西のひとたちは”すあま”に馴染みがないというツイートが話題になっているのです。

かまぼこにしか見えない!

確かに!笑

確かに、かまぼこに見えますね!

出典 https://ja.wikipedia.org

すあま(寿甘、素甘)は東日本で一般的な餅菓子の一種。関東地方では縁起を担ぎ「寿甘」という字をあてたり紅白のすあまを詰め合わせて、祝い事の席で配る習慣がある地域もある。

出典 https://ja.wikipedia.org

上新粉を湯でこねて蒸し、砂糖を加えて熱いうちにつきあげて作る。上新粉のモチモチとした弾力の食感と、餡などを入れない控えめの甘さが特徴。かつては固くなりにくい餅として重宝されることもあった。江戸時代に木場で誕生したとも言われる。

出典 https://ja.wikipedia.org

江戸時代に木場で生まれた餅菓子なんです!

出典 http://www.jwn.ne.jp

材木の街”木場”で誕生したのですね。

紡錘形の”すあま”、綺麗ですね!

素朴な甘さと柔らかな触感の優しい和菓子って、その通りですよね。

ちくわぶも関西の人知らないかも!

ちくわぶも関西のひとには馴染みがないようですね。

食べたことがない!

関東の方でも食べたことがないひともいますよね。

大阪で”鶴の子餅”いう名の”すあま”を売ってるお店発見!

なんだか嬉しい情報ですよね!

”ういろう”と似てる?

う~ん、見た目は似てるんですが食感はちょっと違うかも!?

”すあま”って何?

名前も聞いた事ないひともいますよね。

めっちゃ好き!

はい、美味しいですよね。

いろんな種類の”すあま”

どれも綺麗ですね。

とりのこ

出典 http://www7a.biglobe.ne.jp

ういろう

出典 http://ameblo.jp

「鳥の子餅」も「つるのこ」と同様に縁起を担いだものであるが餅米で作られている。

かつての「ういろう」は黒砂糖で作られる事が多かったが、現在では上白糖を使うことも多い。原材料が上新粉と上白糖となって、すあまと同じになることがあるが、製造方法は異なり、食感などが異なる別種の菓子となるため、分類上、同一視されることはない。

出典 http://www.weblio.jp

「つるのこ」も「ういろう」も見た目は似ていますが「すあま」とは別のお菓子なんですね。

見た目も名前も可愛い”すあま”。お年寄りから子どもにまで愛される素朴で優しい餅菓子です。子どもの頃、近所のおばあさんから、よく戴いたことを思い出しました。綺麗なピンクと白の柔らかそうなお菓子を思わず指で触ってしまった記憶があります。その触感の優しかったこと。今でも忘れられない触感です。

久しく食べる機会がなかった”すあま”。買いに行きたくなりました。

この記事を書いたユーザー

うー このユーザーの他の記事を見る

東京が好きで、昭和が好きで、古い日本のドラマも好きで、カフェが好き。
忘れられかけている遠い記憶のことを掘り起こしています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス