イギリスを代表するアーティスト、デヴィッド・ボウイの逝去は世界中のメディアで今でも話題になっています。ここ、イギリスではなんと春に新しく導入される20ポンド紙幣札にデヴィッド・ボウイを起用してほしいという署名活動が行われています。

既に2万7千人以上もの署名が集まっている

出典 http://metro.co.uk

政府に提出できるようになるには3万5千人分の署名が必要。あと7千人ちょっとの署名があれば嘆願書を提出できるというわけです。

現在の20ポンド札の顔はエリザベス女王です。イギリスの紙幣は5ポンド、10ポンド、20ポンド、そして巷ではあまり普及されていない50ポンド札がありますが全てエリザベス女王の顔が刻印されています。

国の紙幣は国の顔

Licensed by gettyimages ®

日本でも、紙幣に起用されている人物は歴史的に大きく業績を出した人物ばかり。つまり国の紙幣は国の顔なのです。デヴィッド・ボウイは確かに世界的に有名な才能ある人物でしたが、万が一にもイギリスの紙幣にもしデヴィッド・ボウイが起用されることになれば、イギリス史上大革命といっても過言ではないでしょう。

発起人は彼の大ファンという女性

Licensed by gettyimages ®

発起人であるサイモン・ミッチェルさんはボウイさんの熱烈なファンということで、メデイァにこう語りました。

「彼の音楽はどんな時でも私たちの生活の背景にBGMとして流れていました。彼のアーティストとしての感性は音楽と映像とパフォーマンスを融合させた新しい風を音楽業界に吹き込んでくれました。そんな彼がイギリスの代表として20ポンド紙幣に刻まれるのは十分値することだと思います。」

イギリスの政府は現在保守党のキャメロン首相により指揮が取られているので、果たしてこの誓願が保守的な人々の心を揺るがすことができるかどうかは不明。でも、少なくともこれほど多くの人がデヴィッド・ボウイの死を悲しみ、彼の存在を永遠に刻み付けておきたいと考えていることは事実に違いないということでしょう。

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス