駅前留学のNOVAって覚えていますか?

2007年10月まで株式会社ノヴァ(株式会社NOVA、現在は破産、東証1部による大型上場を目指していた)によって運営されていたが、同社の経営破たんで株式会社ジー・コミュニケーション傘下の株式会社ジー・エデュケーションへ事業譲渡され、「ジーコムNOVA」のブランドが用いられていた

出典 https://ja.wikipedia.org

「駅前留学のNOVA」ってフレーズが頭に残っている人も多いはず。2007年に経営破綻してからは、「ジーコムNOVA」のブランド名に代わりっていました。その後、2010年に改めてブランド名を「NOVA」に戻しました。

NAVAといえば「NOVAうさぎ」を思い出す人も多い

出典 http://cairns.nu

まだゆるキャラという言葉が一般的ではない時代。あのゆるい感じのウサギのCMで一気にNOVAの名前がお茶の間に広がりました。2003年にはCM好感度2位になるほど。

外国語をいっぱい聞けるウサギの耳と、外国語をいっぱい喋れる鳥のクチバシを持ち、胸に「N」の字が入った円が付いているピンク色をした謎の動物。「うさぎ」の名を持つが、「ウサギでも鳥でもない」とされている。2002年9月、CMで初登場して以来、人気を博している。ピーマンが苦手

出典 https://ja.wikipedia.org

公式設定では、ウサギでは無い謎の生き物でした

2007年6月、NOVAでの業務一部停止命令を受けNOVAうさぎの使用を自粛。

出典 https://ja.wikipedia.org

大人気キャラクターでしたが、NOVAの破綻に繋がる業務停止命令を受けた時からしばし使用中止。その後ブランド名が「NOVA」に戻る前後にキャラクターとしては復活しましたが、お茶の間からはずっと消えたまま…

しかし、ついにテレビCMにも復活!

NOVAの方舟編

出典 YouTube

耳バット編

出典 YouTube

このCMが放映されネットでも驚きの声が多数

0120-324929(身によくつく)というフレーズもそのままですね

倒産、ブランド変更を経てお茶の間に復活した「NOVAうさぎ」。またお茶の間に浸透するといいですね。

この記事を書いたユーザー

ももかん このユーザーの他の記事を見る

なるべく波風立てないように生きる事が信条の30代(♂)です。軽い気持ちで読める記事を心がけたいと思います。

得意ジャンル
  • 話題
  • インターネット
  • 暮らし
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス