目を疑う1枚の写真。

アバラ骨が浮き出るほどに…やせ細った体に、抜け落ちた体毛。

まさに骨と皮という状態の…見るも無残なこの犬は、ギリシャ、アテネで発見されました。

『Billy(ビリー)』と名付けられたこの犬。アテネ在住のボランティア“Valia Orfanidou”さんが自宅に連れ帰ったそうなのですが、あまりにも悲惨な姿に、心底驚き、ショックのあまり…涙も出なかったと語っています。

何日も食事をとっていないという事がひと目でわかる…その姿。そして、皮膚病に、虐待と思われる傷跡も確認できたというビリー。

Valiaさんは、そんなビリーに

『せめて最後くらい…安らかに眠ってほしい』

と思い、自宅に連れ帰ったそうなのですが、瀕死だったビリー。ここで少しずつ、回復の兆候を見せます。

気力や体力を失っているのか…吠える事はなかったそうなのですが、数日間、人間を怯え、避けていたというビリー。

しかし、ギリシャの動物愛護団体による献身的な介護により…

食欲が戻り、日に日に元気を取り戻していきます。

また、悲惨な姿を目の当たりにしたスイス在住の女性が、『Billyを是非引き取りたい!』と熱望。こうしてBillyは新しい飼い主の元へと引き取られていきました。

そして、数ヶ月後…

Valiaさんは久しぶりにビリーと対面します。だいぶ回復したと聞いていたそうなのですが、Valiaさんの目に飛び込んできたビリー。それは…

発見した時のビリーの面影が全くない…驚くほど健康的で素敵な表情のビリーでした。

友達もたくさん増えたビリー。現在は、飼い主の愛情を受け、毎日、楽しく暮らしているとのこと。では、死を待つだけだった犬がみせた…奇跡の回復っぷり。動画にてご覧下さい!

出典 YouTube

幸せになって良かった!

あまりの回復っぷりに『同じ犬だとは思えない!』『別の犬なのでは?』というコメントも届いたそうなのですが、これは紛れもなく…正真正銘ビリー。きっと、ビリー自身もこの回復…驚いているに違いありませんね。

Valiaさん、そして、ギリシャの動物愛護団体によって救われた…1つの命。ビリー、本当に助かって良かったね!

こちらも合わせてどうぞ!

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら