アメリカ・ニューヨーク州で起きた悲しくも美しい話です。

ジョニー・ホッジスさん、90歳。勤勉で真面目、一途な愛妻家で元海兵隊。

高校時代に知り合ったフローラさんと仲睦まじく暮らしていました。しかし第二次世界大戦で招集がかかり、海兵隊となったジョニーさんは、愛するフローラさんと離れ離れになってしまいます。

しかし強運や幸運が重なり無事に帰還したジョニーさんは、再び一途に待ち続けてくれていたフローラさんと元の生活に戻れたのです!その後引っ越しを経て、ジョニーさんはバス会社に就職。収入もあったため、一軒家も購入できました。全ては順調に感じられたことでしょう。

そして子供達が生まれ、すくすくと成長し、やがて孫が誕生。その家で幸せ溢れる生活を、60年間続けてきました。

しかしある時から、フローラさんが物忘れを繰り返すようになります。記憶力が悪くなり、道にも迷いがちで、心配事が増えました。そう、彼女はアルツハイマーにかかってしまったのです…。「過去の思い出もすぐ忘れてしまうでしょう」と医師から告げられました。

施設に入れる選択肢もありましたが、ジョニーさんは自宅で面倒をみることを決心します。「ずっと一緒にいる」と決めた相手と、この家でずっと一緒に暮らしたかったのです。そしてそれはフローラさんにとっても愛に満ちた余生が送れ、良いことだと思いました。

ジョニーさんに訪れた二重の苦しみ…

出典 http://abcnews.go.com

そして結婚生活67年目を迎えたある日、人生で一番の闇がジョニーさんに訪れます。最愛の妻フローラさんが、ついに旅立ってしまったのです。たとえアルツハイマーで手が掛かっても、思い出が忘れ去られても、自分のことを忘れてしまっても、ずっと一緒にいられればそれで良かった…そんなフローラさんとの別れは、ジョニーさんにとって言葉にできないほど辛いことでした。

それから喪に服すジョニーさんの元へ、銀行から一通の知らせが届きます。それは日本円で約700万円以上の貸付金を返還してほしいというものでした。ジョニーさんは妻の介護で預金を使い果たしていたのです。

借金が返せない以上、思い出が詰まったこの家を立ち退かなければなりませんでした。もちろんジョニーさんは、愛する妻との67年にわたる思い出が詰まったこの家を出ていきたくはありません。

立ち退きを拒否し続けていると、ある日警察がやってきて、強制退去を宣告されました。そして抵抗するジョニーさんと警察の2時間に及ぶ睨み合いの結果、ジョニーさんはタンカーに乗せられ退去させられてしまいます。そして何と精神病院に入れられてしまったのです。

ジョニーさんは信じられませんでした。国のために戦ってきた自分を、国が警察を使って家から追い出そうとしているなんて…。

子供達は驚きのあまり、何が起こっているのか分かりませんでした。プライドの高いジョニーさんは、お金がないことを子供達に相談していなかったのです。

事実を知った娘は、募金を募るページを作りました。すると世界中から寄付が集まり、その金額は何と半年で約1000万円に達したのです!「1ヶ月7万円援助する」と申し出る地元のビジネスマン夫婦さえもいました。

沢山の人々の好意によって、ジョニーさんは元の家へ戻る事ができたのです!「一生懸命働いて手に入れた家、思い出が詰まった家、沢山の人々のお陰で戻ったこの家で私は往生したい」。ジョニーさんは感謝の気持ちで胸がいっぱいになりました。

愛するフローラさんはもういませんが、夫婦の思い出に包まれた自宅で、ジョニーさんに笑顔が戻ったそうです。

彼の奥さんを想う気持ち、そして1人の退役軍人を支える人々の温かさにも感激しませんか?このような形で「困った誰かに手を差し伸べることは、誰にでも出来る」という事実を多くの人に知ってもらいたいです。世界中に1人でも多くの笑顔が咲く事を願って…。

☆あわせて読みたいオススメ記事↓
おじいさんの気持ちがとても分かりやすくて考えさせられます。

この記事を書いたユーザー

A.Jism このユーザーの他の記事を見る

海外かぶれ✈︎のコテコテ大阪人ライターです。まだ日本では伝えられていないような海外ニュースを中心に、育児ネタ、雑学ネタを記事にしたいと思います。多くの人に感動を、そして様々な問題を考えるキッカケを与えていきたいと考えています。やんちゃな2児の育児に奮闘する傍ら、執筆活動を頑張っています★よろしくお願いします!

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • 育児
  • 感動
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス