出典makaron* / PIXTA

日本人は「貯金」をする習慣のある国民。

将来のために「貯金したい」という考えは、誰もがもっているのではないでしょうか?
著者の住む国メキシコでは、お金の貸し借りは簡単にするものの、「貯金」となると、誰もが意識できるものではなく、多くの人はギリギリで生活をしているのも現実。

でも実は、ある“貯金せざるを得ない(?)”方法で貯金しているメキシコ人もいるんです。

これは日本でも応用できるので、貯金が苦手な人でもチャレンジできるかもしれません。

■オススメ記事!
今年こそ貯金したい! 成功のカギは「先取り貯蓄」にあり

■友達と一緒だから、貯金できる!

貯金というと、コツコツと孤独に……というイメージがありますが、メキシコには誰でも知っている、ちょっと変わった貯金方法があります。

これはかなり面白く、メキシコでは誰もが知っている、“銀行に頼らない”貯金方法です。

(1)まずは10人の信頼できる友人や知り合いで、グループをつくります。

(2)一人ひとりに、1から10までの順番を付けます。

(3)全員で、「いくら貯金するか?」という金額を決めます。例えば「1万円」貯金するとします。

(4)給料日など、決まった日になれば(メキシコは各月15日と月末が給料日)、1番の人に、残りの9人が1,000円を渡します。

1番目に預けられたお金は、1番めの人のもの。集まった1万円をどのように使うも自由です。

(5)次の給料日が来たら、2番目の番号を持つ人に残りの9人が同じく1,000円を預けます。これを10番の人にお金を預けるまで続けます。

信頼している友人同士で行うので、お金を渡す(貯金)せざるを得ないのがポイント。自分1人で毎月コツコツ貯金するよりも、貯金が苦手な人にはピッタリのシステムです!

ある程度のお金が1度に入るので、そのまま使わずに取っておくでもいいですし、そのお金で大きな買い物をする人もいます。

「貯金」ってかなりの努力と忍耐がいるけど、このような「“貯金せざるを得ない”方法」でお金に手が出せないようにしてしまえば、意外とすんなり貯金できるのかもと、著者も納得。

買い物、旅行やマイホームの購入と貯金の目的は色々だけど、今年こそ!? なるべく多く貯金できるといいですね。

■あなたにオススメの記事

この記事を書いたユーザー

Sumai[日刊住まい]編集部公式アカウント このユーザーの他の記事を見る

インテリアもリノベも家づくりも! 「日刊Sumai」(http://sumaiweb.jp/)は自分らしい暮らしが見つかる情報サイトです♡

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 料理
  • 暮らし

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス