高齢化社会が深刻化しているのは世界共通の問題です。各国の病院や施設は高齢者で満たされています。悲しいことに、彼らの家族の多くが、お年寄りを施設に入れたまま。

お正月も夏休みもクリスマスにも面会には訪れず、電話もできす高齢者を忘れていることです。故に、施設に勤める職員たちは、ひとりひとりの患者の状況を把握することができないほど多忙なのです。

施設で暮らす高齢者たちは、首を長くして家族からの電話を待ちわびます。涙をこらえるほど心に深い何かを感じているのです。Mak Filiser氏もまた、そのひとりでした。

「風変わりな老人」と呼ばれる彼が老人施設で亡くなった時、彼の部屋が空き部屋となり、整理している時のことでした。看護師のひとりがこの手紙を発見したのです。

看護婦さん、何が見えますか?

私を見る時、あなたは何を考えていますか?

風変わりで愚かな老人。

行動も読めず遠い目で?

食べ物をこぼし何も答えもしない。

大声で「自分でしたら?」というあなた。

でも、私は気づいていない様子。

靴下や靴がいつもなくなる?

いつも抵抗し意に沿わない。

お風呂も食事もある長い一日だっていうのに?

何を考えます?何が見えますか?

目を開けて見て下さい。あなたは見てないでしょう。

私はここにじっと座って誰なのかあなたに話します。

命令を聞きながら、食べさせられながら。

私は10歳の小さな子ども。
父と母、兄弟と姉妹と共に愛されて育ちました。

私は16歳の少年。
足に翼が生え、将来出会う恋人を夢見ています。

新郎になる20歳の頃。
心が踊り、結婚の誓いを必死に覚えています。

25歳で子どもが生まれ、教えることを学び、楽しい家庭を守ります。

私は30歳。
子どもはすくすく成長し、夫婦の絆が固くなり、それは永遠に続かなければなりません。

40歳で若い息子はなくなります。
しかし、私の最愛の妻がそばにいます。だから淋しくなんかない。

50歳。今度は孫が私の膝のまわりに纏わりつきます。
でも、妻と私は子どもを育てることに慣れているから大丈夫。

暗黒の日が訪れ、最愛の妻がなくなる。

将来を考えて恐怖に怯えます。

子どもたちは孫を抱え、過ぎた年月と愛について考えます。

今の私はただの老人です。

自然とは残酷なものです。

老いていくことは自然なこと。

意地悪なことに老いたものを愚かに見せる。

体は砕け、優雅さと活力を失い、かつて心臓があった場所に石があります。

でも、この老いた体の中には青年の心が宿ります。

そして時々、私のボロボロの心臓が膨れ上がります。

私は喜び、痛みを覚えています。

愛することと生きることを再び体験します。

私は人生を振り返ると、あまりに早くて短くて、、、

永遠が無いという厳しい事実を受け入れなければなりません。

だから、あなたたちは目を見開き見て下さい!

風変わりな老人ではない。

見て下さい私を!

人は誰でも歳をとり、やがて命尽きる時がやってきます。この世に生まれた限り、誰にでも訪れるもの。体が思うように動かなくなっても、若い頃の気持ちを持ち続けています。ひとりの若者の心のままなのです。

多忙な生活の中で大切な人の存在を忘れてはいませんか?

ひとり暮らしや施設で暮らすおじいちゃんに会いに行きませんか。

この記事を書いたユーザー

cocon☆hanna このユーザーの他の記事を見る

キャリアカウンセラーの道を目指し、資格取得後オンラインカウンセラーとしてデヴュー。WEBライターとして活動をはじめ7年になります。人に「読まれる・読ませる」ライターを目指しています☆

権利侵害申告はこちら

Amebaみんなの編集局に登録してSpotlightで記事を書こう!