記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
口の中は肛門より菌だらけ!?もしこれが事実だとすると、キスはもちろん間接キスも恐怖ですよね。どうか都市伝説でありますように……と祈る気持ちで恐る恐る、その実態を医師に伺ってみました。

コレはヤバい! 歯を磨かないと口内には1兆もの菌が!?

皆さんは口内に、どの程度の菌が存在しているかご存知ですか? じつはいくら口内を清潔に保っていたとしても、これだけの菌が存在しているのです。

<口内に生息する細菌の実態>
・よく歯を磨く人:1000〜2000億個
・あまり歯をみがかない人:4000〜6000億個
・ほとんど歯をみがかない人:約1兆個

一方、便1gに含まれる菌数は凡そ100万個程度。つまり、口内の菌のほうが肛門よりも多いのです。さらに、睡眠中は唾液の分泌少なくなる影響で菌がさらに増殖。起床直後の唾液1ml中には、便1gに含まれる菌の10倍といわれるほど細菌だらけなのです。

でもご安心を。“菌”=“不潔”とは限らない!

Licensed by gettyimages ®

ただし、口の中と肛門では存在する菌の種類が異なります。ひとくちに菌といっても種類がまったく異なるため、一概に口の中は、便や肛門より汚い、というわけではないのです。

<口内と肛門の細菌の違い>
口内:約700種類の口腔内常在菌(常に口の中にいる菌)
※この中には、虫歯や歯周病に関わるものもいます。
肛門:100種類以上の大腸菌

上記のことから、必要以上にキスを怖がる必要はありません。ただ、口内の菌が多いのは事実。無害のものもありますが、増殖することで虫歯や口臭の原因になるほか、心内膜炎といった心臓の病気との関係性も指摘されます。

体のためにも、はやり歯磨きはマスト

虫歯や口臭、また健康のためにも、丁寧に歯を磨くことは非常に重要です。また、適切な食事で唾液の分泌を促すことも忘れずに。口内環境を清潔に保っていれば、常在菌による悪影響はありません。

≪口の中がネバつく?それ、ドライマウスになってるかも≫
口臭や口内炎の原因にもなるドライマウス、おクチの乾燥度はココで分かる!

【医師からのアドバイス】

口内環境を整えるためには、歯磨きに加え、唾液の分泌を促すこともポイントになります。そのためには、適度な水分補給と舌を動かす体操も有効ですよ。パートナーとともに、口内環境を意識することで、よりさわやかなキスができるでしょう!(Doctors Me 医師監修コラム)

口内炎ができやすい方はチェックしてみましょう。
「口内炎」チェックはコチラから

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス