記事提供:いいモノ調査隊

大がかりな年末の大掃除を終え、新年を迎えましたが、大掃除後にもっとも汚したくない場所はどこでしょうか?風呂場やキッチン周りといったところでしょうか。

特にキッチン周り、とりわけガスコンロ周りは、毎日作るお料理の油などですぐに汚れてしまうのが悩みなんですよね。我が家では、ガスコンロ前の壁には汚れ防止用のシールシートを貼り付けて壁自体が汚れないように対策をしています。

ただ、このシールシート、空気が入らないようにきれいに貼るのがなかなか大変で、ひと苦労な作業でもあるのも事実です(我が家では細かい作業が得意な主人の仕事ですが!!)。

でも、昨年末の大掃除を前に、貼るひと手間が1回分減るというシールシート「ダブルキッチンシール」を発見し、今回はこちらを使ってみることに!

お気づきでしょうか?ダブルキッチンシールは、柄入りなんです。

筆者は白いレンガ風の柄をチョイスしました。ほかにもタイル柄や、赤レンガ柄、小花柄など、壁を一気に明るく、おしゃれにしてくれそうな柄が揃っています。

貼り付け方は、よくある汚れ防止用のシールシートと変わりません。まずは、貼り付けの準備から。壁面のほこりや油汚れなどをきれいに拭き取ります。

汚れが残っていると粘着力が弱まるので、ここは念入りに!

シールの裏紙をつけたまま、必要な長さにカットします。

ではいよいよ貼り付けていきましょう。片側のシール裏紙を5cm弱剥がし、位置を合わせてから端を貼ります。

最初からたくさんシールを剥がしてしまうと位置決めがしづらく、ズレてしまいがちなので、剥がすのは少しだけのほうがよさそう。

シール裏紙をはがしながら、乾いたタオルなどの布などで空気を押し出して抜いていくように、少しずつ貼り付けていきます。

こんな感じで1段目貼り付け完了!

筆者は極度の面倒くさがりなので、壁全体をカバーして掃除をしなくて済むように3段分繰り返しました。

一気にオシャレなキッチンに変身!!雰囲気も変わり、なんだかイイ感じに。「キッチンが古くて汚い!でも賃貸だからリフォームもできない!」なんて時にも使えそうです。

ちょっとした模様替えをしたい時にもよさそう!

さらに、ココが一番のポイント!よくあるシールシートは「汚れてしまったら剥がしておしまい」ですが、ダブルキッチンシールなら、汚れたら一層目のシートを剥がせばもう一層分使用できます。だから「ダブル」なんですね。

上の画像のように、透明のシートを剥がせば柄のシートが残ります。一度貼り付ければ、面倒な貼り替えの手間が1回、掃除の手間はなんと2回省けるというわけ。

剥がす時に便利な付属のシールもセットになっています。また、剥がした後に糊跡が残らない再剥離性のシールシートであるのもうれしいポイント。

はじめにキレイに掃除すれば、あとはシールを貼り替えるだけで済むので、おっくうで面倒な油汚れのお掃除から2回分解放されます。

キッチンの雰囲気も明るくなって一石二鳥のお役立ちアイテムです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス