なんなんだ、この鼻に突き刺さる感じは!

記事提供:いいモノ調査隊

みなさん、こんにちは!プロレスリング・ノアの丸藤です!今回のご紹介は…出た!世界一シリーズ!!俺はいつから世界一のものを紹介する男になったのだろうか…(笑)

でも、ちょっとこのシリーズは楽しかったりするから進めよう。今回は、世界一アルコール度数が高いお酒「スピリタス」だ!

ラベルは美しいな。

お酒が好きなオレでさえこの名前を聞いただけで正直ビビったよ…。スピリタスはポーランドが原産国のウォッカで、アルコール度数は96%。

ポーランドで採れた良質の大麦、ライ麦、ジャガイモなどを原料とし、70回以上にも及ぶ蒸留を繰り返すことにより、純度の高い飲用アルコールを抽出しているらしい。

蒸留して得られるアルコール度数の限界は96度。つまり、スピリタスは世界でもっとも度数が高い蒸留酒というわけ。ちょっと待ってくれ、注意書きが酒には似つかわしくない。

「火気厳禁」って…。

ほかにもいろいろ情報を集めてみたんだが…

・飲用酒でありながら、扱いはガソリンや無水エタノールと同列。たばこを吸いながら飲むのはNG
・冷凍庫でキンキンに冷やさないと蒸発してしまう
・すぐに引火して燃える
・ゴキブリやムカデなどの虫にスピリタスをかけると即死する
・北米では販売が禁止されている州もある

もうさ…、お酒をおいしく楽しむレベルじゃないんじゃないか、これは。まぁ、手に取ってみよう。

500mlなので、これくらいの大きさだ。

え?もうすでに負けてる顔してるって?いやいや、何言ってんだ。オレを誰だと思ってるんだよ。まぁいいや、少しニオイを嗅いでみよう。

おいおい、小学生の時に理科の実験で使ったアルコールランプと同じ臭いじゃないか。手に付いたらそれだけでヒヤッとするし。これをどうすればいいの?飲めばいいの?

あー、そうですか。飲むよ!飲んでやるよ!やったるよ!!一口だけな…。

ラッパ飲みしてやったぞ。

かはー!なんだこれ!口の中の水分が全部持ってかれて、刺すような痛みと強烈な熱さが喉を襲う!無理に決まってるでしょ、こんなん!!

何が楽しくてアルコール度数96%を身体に入れるのさ!割って飲めばまだいけるだろうけど、割りもの好きじゃないし、悔しいからそのままいってやったよ。また一口…。

んあーーーーーーー!!!!

ごめんなさい。すいませんでした!口の中が燃える!理科の実験しか思い出さないわ。

自分だけ飲むのもアレだから、北宮選手にもふるまってみたぞ。

丸藤「北宮、去年はドリアンをふるまってやったな。今年はこれだ。これは珍しい酒だ。飲んでみろ。うまいはずだぞ」

北宮「…ありがとうございます。いただきます」

イヤな予感しかしてないんだろうな、この顔は…。

い”い”い”ーーー!

北宮「!!!なんなんすか、これ(涙声)。こんなの、飲めたもんじゃないです」

こんなん飲んだら記憶とともに思い出すらなくすわ。世界一アルコール度数の高い酒を飲む時は要注意だ。

ちなみに原産国のポーランドでは、果実酒用、医療・薬用、調理用としての使用が一般的らしい。ストレートで飲むなんて、するもんじゃない。

たった200ml飲むだけで危険らしいぞ。もし飲んでみたい時は、カクテルなんかにしてかなり薄めるのがいいんじゃないかな。

勇気のある人は、注意しつつやってみてくれ!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス