痴漢は卑劣な犯罪です。起きてはならないことですが、衝撃的な痴漢事件が報道されました。

こちらをご覧下さい。

皇宮警察官が痴漢で逮捕!

出典 http://news.tv-asahi.co.jp

皇太子ご一家の警備を担当している警察官が、埼京線車内で痴漢行為をしたことで逮捕されたのです。

職業の如何に関わらず痴漢は許されることではありませんが、あろうことか皇族の警備をしている人間による犯行という点にショックを感じずにいられません…。

さて、この容疑者は「皇宮警察」の所属だったのですが、一体どんな組織なのでしょう?

皇族専門の警備と護衛を行う「皇宮警察」

Licensed by gettyimages ®

天皇・皇后両陛下をはじめ、皇族の方々がお出ましになる際に護衛は付き物。ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、護衛に付いているのは一般の警察官ではなく“特別に”編成された「皇宮警察」なのです。

どんな人が皇宮警察に入れるのか?

Licensed by gettyimages ®

畏れ多くも皇族の方々の傍で働くわけです…誰でもなれるわけがありませんし、きっと条件も沢山あるはず!

そこで今回は、「皇宮警察」に入るための条件や内部制度について調べてみました。

出典 http://careergarden.jp

学歴に関しては特に縛りがないのですが、採用試験のハードルはとても高くなっています。

そもそも大前提の条件が存在しました。

この採用試験を受けるための条件はいくつかありますが、その中には個人の努力ではどうにもならない条件もあります。それは、身長です。男性は160センチ、女性は148センチに満たない者は不合格になります。

さらに体重にも決まりがあり、男性は48キロ、女性は41キロに満たない場合に、不合格になります。色覚や視力などにも条件があり、その条件をクリアしなければ、採用試験に合格することは出来ません。

出典 https://www.security-burns.jp

身体的なものは努力だけではどうにもなりません。少なくとも、身長に関しては努力で伸ばすことは不可能…。

この条件を満たさなければ、筆記試験の結果が良くても落とされてしまいます。

採用予定人数が少ないということもあり、倍率は非常に高くなっています。平成24年度の高校卒業程度試験の倍率は約114.4倍、大学卒業程度試験の倍率は66.1倍でした。

出典 http://careergarden.jp

名誉ある仕事であるだけに応募者も多いようで、倍率がとても高いのです。

合格すると、通常の警察学校とは違う「皇宮警察学校」で研修を受けた後、晴れて皇宮警察の一員としてデビューとなります。

皇宮警察学校の独特なカリキュラム

Licensed by gettyimages ®

皇族の方々の護衛に付くということは、相応の教養も求められるということ…そのためこんなカリキュラムがあるのです。

天皇皇后両陛下、皇族各殿下のお側で護衛・警備をするため、乗馬やテニス、茶道や華道といった授業もあります。また、皇室に関する教養を身につける授業のほか、刑法、行政法、武道、拳銃等の授業もあります。

出典 https://www.npa.go.jp

お供をしながらの警護・護衛は大事な仕事。あらゆる場面に対応できるように、乗馬、テニス、茶道、華道を勉強するのです。

通常の警察学校で行う武道や拳銃の授業もありますが、教養面においては一線を画していました。

護衛を任されるのはこんな人

Licensed by gettyimages ®

皇族の方々の護衛を担当する役職は「側衛官」と呼ばれています。どんな人が選ばれるのでしょう?

側衛官は武道や体力に優れているほか、知識や経験の豊かな皇宮護衛官の中から選抜され、護衛のプロとして自覚のもと、常に自らの技能の維持、向上、心身の鍛錬に努めています。

出典 https://www.npa.go.jp

文武両道を地で生きており、知識や経験も求められているとのこと。精鋭中の精鋭とも言えますね。

気になる福利厚生

出典 https://www.npa.go.jp

働く上で福利厚生は気になる部分。皇宮警察の場合は…

福利厚生

・各勤務地の近くに独身宿舎、家族宿舎を整備
・各種保険、住宅資金などの貸付制度あり・定期健康診断、がん検診、生活習慣病予防セミナー、健康相談、メンタル相談などを実施
・アウトソーシングによる宿泊、全国の各施設(スポーツクラブ・レストラン・テーマパーク等)の常時利用制度など

出典 https://job.rikunabi.com

一般企業と変わらない福利厚生が用意されていました。他にも育児休暇制度、産休制度も設けられており、夫婦で皇宮警察に勤務しているケースもあるのだそうです。

勤務地は皇居や各宮邸だけではない!

Licensed by gettyimages ®

皇族の方々の護衛や警護と考えると、ご公務に帯同する以外は皇居や各宮邸での勤務をイメージしがちですが、実際の勤務地はたくさんあるのです。

東京都:皇居・赤坂御用地・常盤松御用邸
神奈川県:葉山御用邸
栃木県:那須御用邸・御料牧場
静岡県:須崎御用邸
京都府:京都御所・大宮仙洞御所・桂離宮・修学院離宮
奈良県:正倉院

出典 https://job.rikunabi.com

御用邸や御料牧場、離宮や御所など皇室に縁のある施設が勤務場所になるのです。

もちろん各勤務場所の近くに宿舎が用意されています。

ちなみに…

皇宮警察“犬”もいます!

京都御所の警備には、凛々しい皇宮警察犬もいます。彼らも御所の警備に一役かっている大事な存在。

観光などで見かけたら、そっとエールを送りたいですね。

おわりに

Licensed by gettyimages ®

一般の警察官とは違い、特別な知識も兼ね備えている皇宮警察。今回の事件は由々しきことですが、真面目に頑張っている方がほとんどです。

警備・護衛の対象が皇族の方々ということもあり、その責任は大変重いもの…。テレビ中継などで映った際には、彼らの働きにも注目してみてはいかがでしょうか。

この記事を書いたユーザー

週休二日制 このユーザーの他の記事を見る

動物が大好き。会社員であり、流浪のライターとしても活動。
興味を持ったことを色々書いてみます。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス