記事提供:CuRAZY

絶対に真似してはいけない、謝罪文から反省の色を消し去る方法を紹介します。

1. 可愛いフォントを使う

2. ポエム調

3. 映画をモチーフにする

4. 過剰な制裁

5. アラビア語風に書く

6. こっそり寿司ネタを入れる

あなたが、もし謝罪文を書かなくてはいけないことになったら、これらを反面教師としましょう。

映像クリエーター

心電図てっぺい


元お笑い芸人。クレイジーの動画制作の全てを担っている映像クリエーター兼ライター。8万いいねを記録した「B型の主張」など様々な記事を制作。

LINE@で色んなネタ提供受付中。動画広告制作、執筆、取材などはこちらから。
t.nishiyo@laugh-tech.com

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス